Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

阿部和重【アベカズシゲ】

デジタル大辞泉

あべ‐かずしげ【阿部和重】
[1968~ ]小説家山形の生まれ。映画監督を目指し上京、自主映画製作のかたわら小説を書き始める。「グランド・フィナーレ」で芥川賞受賞。他に「アメリカの夜」「ABC戦争」「無情の世界」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿部和重 あべ-かずしげ
1968- 平成時代の小説家。
昭和43年9月23日生まれ。20歳ごろから小説をかきはじめ,平成6年「アメリカの夜」で群像新人文学賞,11年「無常の世界」で野間文芸新人賞。16年「シンセミア」で伊藤整文学賞,毎日出版文化賞。17年4度目の候補作「グランド・フィナーレ」で芥川賞。22年「ピストルズ」で谷崎潤一郎賞。23年川上未映子と結婚。山形県出身。日本映画学校卒。著作はほかに「プラスティック・ソウル」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿部和重
あべかずしげ
(1968― )

小説家。山形県東根(ひがしね)市生まれ。高校中退後、日本映画学校映像科映画演出コースに進学。自主映画づくりのかたわら、20歳ごろから小説に取り組み、1994年(平成6)「アメリカの夜」(応募時のタイトルは「生ける屍の夜」)で『群像』新人文学賞を受賞。選考委員は柄谷行人(からたにこうじん)、田久保英夫、後藤明生(めいせい)、三木卓(たく)(欠席)、李恢成(りかいせい/イフェソン)。当時の選評としては、ドストエフスキーの『地下生活者の手記』と比したうえで「大変力量のある人が出てきたことを喜ぶ」と絶賛した柄谷行人をはじめとしておおむね好評であった。同作で第111回芥川賞の候補になる。1995年「ABC戦争」を『群像』に発表。「アメリカの夜」「ABC戦争」ともに蓮實重彦(はすみしげひこ)により高い評価を受ける。

 1997年『新潮』に渋谷を舞台とした「インディヴィジュアル・プロジェクション」を発表。同年刊行され、グラフィックデザイナー常盤響(ときわひびき)(1966― )による装丁とともに文芸ジャーナリズムの話題をさらう。著者の意図を離れて、「シブヤ系文学」「J文学」などの造語まで生む作品となった。ちなみに、「J文学」という造語をつくりだした『文芸別冊 90年代J文学マップ』(1998)のなかの阿部へのインタビューでは、当然のことながら「J文学」ということばにはまったく言及されていない。同作をめぐっては批評家東浩紀(1971― )、高橋源一郎、文芸評論家渡部直己(1952― )らとの対談がなされた。徹底的に人為的に構築された「作品世界」と、人工的な市街地である「渋谷」とを重ねあわせるその手法とともに、私小説的な伝統から切断されたまったく新しいタイプの書き手として評価される。

 1999年『無情の世界』(表題作のほかに「トライアングルズ」「鏖(みなごろし)」を収録)にて野間文芸新人賞を受賞。選考委員は秋山駿(1930―2013)、柄谷行人、黒井千次(せんじ)、高橋英夫(1930―2019)、富岡多恵子、三浦雅士(まさし)(1946― )。「トライアングルズ」は第118回芥川賞候補となった。同年10月より『アサヒグラフ』にて「シンセミア」の連載を開始。「ニッポニアニッポン」は『新潮』2001年7月号に発表され、第125回芥川賞候補となる。このほかの著書に『公爵夫人邸の午後のパーティー』(1997、表題作の他に「ヴェロニカ・ハートの幻影」を収録)、映画監督の青山真治(1964― )、黒沢清(1955― )、塩田明彦(1961― )、映画評論家安井豊(1960― )らとの共著『ロスト・イン・アメリカ』(2000)、エッセイ集『アブストラクトなゆーわく』(2000)、『ニッポニアニッポン』(2001)、『シンセミア』(2003。伊藤整文学賞、毎日出版文化賞)などがある。2005年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞を受賞した。

[池田雄一]

『『公爵夫人邸の午後のパーティー』(1997・講談社)』『阿部和重特別インタヴュー「水の詰まったスポンジ状態のリアル――渋谷、スパイ、地球危うし」(『文芸別冊 90年代J文学マップ』所収)(1998・河出書房新社)』『東浩紀著『郵便的不安たち』(1999・朝日新聞社)』『『無情の世界』(1999・講談社)』『『アブストラクトなゆーわく』(2000・マガジンハウス)』『青山真治・阿部和重他著『ロスト・イン・アメリカ』(2000・デジタルハリウッド出版局)』『『ニッポニアニッポン』(2001・新潮社)』『『シンセミア』上下(2003・朝日新聞社)』『『アメリカの夜』(講談社文庫)』『『ABC戦争』『インディヴィジュアル・プロジェクション』『ニッポニアニッポン』『無情の世界』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿部和重」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿部和重の関連情報

関連キーワード

ベトナム戦争史(年表)新藤兼人シーゲルチェコおよびスロバキア史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門秋山清高松次郎トリュフォー深作欣二

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.