Rakuten infoseek

辞書

阿衡事件【あこうじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿衡事件
あこうじけん
仁和3 (887) 年,宇多天皇藤原基経に与えた勅書のなかの文字「阿衡」をめぐる事件。宇多天皇の即位に努力した基経を関白じようとした文書のなかに「阿衡の佐をもって卿の任とす」とあり,この「阿衡」が職掌のない名誉官であったところから,基経に政治から手をひかせる意味と解する説が出現し,基経は一切の政務からあえて手をひき,天皇は大いに困惑した。単なる修辞が学者の解釈論から,政治問題にまで発展したもので,結局,勅書の草稿をつくった橘広相 (たちばなのひろみ) に責任をとらせ,基経も納得し,ようやく落着した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あこう‐じけん〔アカウ‐〕【阿衡事件】
仁和3年(887)、宇多天皇が即位した際、藤原基経関白とする勅書の中の「よろしく阿衡の任を以て、卿の任となすべし」の語について、基経が阿衡は位のみで職掌を伴わないとして政務を行わず、ついに天皇が勅書を書き改めた事件。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あこうじけん【阿衡事件】
平安前期に起こった,天皇と権臣との政治抗争。北家藤原氏の良房が文徳・清和朝に外戚として政権をとった後を継いだ養子基経は,その妹高子の生んだ幼帝陽成天皇の摂政となっていた。しかししだいに対立を深め,ついに884年(元慶8)天皇を廃し,故仁明天皇の皇子時康親王を擁立し,この55歳の老帝光孝天皇のもとで実権をにぎった。その後,887年(仁和3)基経の妹・尚侍淑子と文章博士橘広相(ひろみ)らの奔走によって,すでに臣籍に降っていた皇子源定省(さだみ)が即位すると,親政の意欲をもつ新帝宇多天皇との間に対立が生じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あこうじけん【阿衡事件】
887年宇多天皇即位の際に藤原基経を関白に任じた勅書に「阿衡の任をもって卿の任となすべし」とあったため、基経は阿衡とは位のみで職掌を伴わない空名であるとして政務をみず、半年後、天皇が譲歩し勅書を改めた事件。阿衡の紛議。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿衡事件
あこうじけん
藤原氏による専権体制確立過程における一事件。887年(仁和3)宇多(うだ)天皇が即位すると、その擁立に功績のあった太政(だいじょう)大臣藤原基経(もとつね)に関白の任を与えることになった。その際、天皇の近臣である文章博士(もんじょうはかせ)橘広相(たちばなのひろみ)がつくった詔(みことのり)に、阿衡(殷(いん)の宰相の職名)をもってその任となせとの句があったのを、基経の家司(けいし)で学者の藤原佐世(すけよ)らが阿衡には典職(具体的な職務)なしとの主張を行い、それにより基経が政務をみることをやめたため、公務の渋滞をきたした。広相は五条の愁文を奏して反駁(はんばく)したが、左大臣源融(とおる)が徴した博士らの見解は佐世の主張に同調的であり、結局詔書を改めて施行することによって落着した。天皇は日記のなかに「ついに志を得ず、枉(ま)げて大臣の請に随う、濁世のことかくの如(ごと)し、長大息をなすべきなり」との感慨を記している。事件の発端は学者間の反目にあり、摂関家の威を借りた佐世が広相の追い落としを図ったことにあるが、学者間の争いに終わらず、宮廷内の主導権をめぐる天皇と基経の争いに発展し、多数派工作に成功した基経の前に天皇が屈したのであった。制度的にみるならば、基経は阿衡を避け関白に固執することで、父良房(よしふさ)以来のあいまいさを残していた摂行(せっこう)制度の克服に成功し、天皇が元服を終え自ら大権を行うことが可能になった段階においても、奏宣のことにはすべて関与しうるという関白の制を確立し、藤原氏が専権体制を築くにあたっての制度的よりどころたる宮宰(きゅうさい)制度を完成した。[森田 悌]
『石尾芳久著『日本古代の天皇制と太政官制度』(1962・有斐閣) ▽森田悌著『王朝政治』(1979・教育社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あこう‐じけん アカウ‥【阿衡事件】
仁和三年(八八七)宇多天皇即位の際、藤原基経を関白に任じた勅書中の字義の解釈が原因で起きた事件。「宜しく阿衡の任を以て卿の任となすべし」との詔が基経に下されたが、宇多天皇に反感を持っていた基経は、阿衡とは位だけで職掌を伴わないからと、いっさいの政務を見なかったので天皇は勅書を書き直した。阿衡の紛議。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿衡事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿衡事件の関連情報

関連キーワード

カール[3世]カルル3世(肥満王)代襲相続光孝天皇カール[3世]光孝天皇肥満王アルヌルフ[ケルンテンの]宇多天皇光孝天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.