Rakuten infoseek

辞書

阿膠【アキョウ】

デジタル大辞泉

あ‐きょう〔‐ケウ〕【××膠】
中国、山東省東阿県で作られる上質の(にかわ)。接合のほか、漢方薬などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

あきょう【阿膠】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。動物の皮や骨を煮て作った膠(にかわ)のこと。止血利尿作用などがある。痔(じ)出血などの下血血尿などに効く芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)尿道炎腎(じん)炎に用いる猪苓湯(ちょれいとう)などに含まれる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あきょう【阿膠】
〔「あこう」の転〕
中国、山東省東阿県から産出する上質の膠にかわ。接合用のほか、漢方薬で用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿膠
あきょう
漢方医学で用いるロバまたはウシの皮膚から製した膠(にかわ)。『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』の上品(じょうひん)に収載されており、古くから薬用とされた。阿膠の名は東阿の地(中国山東省東阿県)から良質のものが産したことから名づけられた。主としてロバあるいはウシの皮を煮て得られる。薬用には黄色で透明感のあるもの、黒色で漆のような光沢のあるものが良品とされる。コラーゲンと称される一種の硬タンパクが主成分で、止血薬として黄連(おうれん)阿膠湯、猪苓(ちょれい)湯などの処方に配合される。[難波恒雄・御影雅幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿膠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿膠の関連情報

他サービスで検索

「阿膠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.