Rakuten infoseek

辞書

阿知須【あじす】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿知須
あじす
山口県中部,山口市南部の旧町域。椹野川河口西岸にある。 1940年町制。 1944年山口市に編入されたが 1947年分離。 2005年山口市,徳地町,秋穂町,小郡町の1市3町と合体して山口市となった。山口湾に臨む阿知須漁港ではノリ養殖や小型底引網漁業が行なわれる。西部は宇部台地に続く丘陵地ダイコン栽培,「寒漬」といわれるたくあんを特産する。万年池の東に阿知須温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿知須
あじす
山口県中南部、吉敷郡(よしきぐん)にあった旧町名(阿知須町(ちょう))。現在は山口市の南西部を占める地域。1940年(昭和15)井関村が町制施行して阿知須町が成立、1944年に山口市と合併したが、1947年に独立した。2005年(平成17)ふたたび山口市と合併。椹野(ふしの)川河口に位置し、海成段丘の発達した宇部半島の東部を占める。古代の賀宝(かがほ)郷の一部。JR宇部線、国道190号、山口宇部有料道路が走り、工業都市宇部の東に隣接する近郊農村。広い台地はダイコン栽培が盛んで、山口たくあんの特産地。井関川河口の阿知須浦は藩政時代からの漁港である。沿岸部には干拓地が造成され、2001年に「21世紀未来博覧会(山口きらら博)」が開催された。跡地は山口きらら博記念公園として整備されている。西の丘陵地の万年池周辺に西日本有数のゴルフ場がある。[三浦 肇]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿知須」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿知須の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.