辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

阿知子顕成【あちし あきなり】

美術人名辞典

阿知子顕成
江戸前期の俳人。泉州堺の人。また山井氏、通称を作左衛門、出家後林庵。医を業とした。宗因に連歌を学び、やがて俳諧に入った。土橋宗静と親しかった。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阿知子顕成 あちし-あきなり
1635-1676 江戸時代前期の俳人。
寛永12年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の人。西山宗因に連歌をまなび,のち俳諧(はいかい)にはいる。万治(まんじ)3年堺最初の俳諧撰集「境海草(さかいぐさ)」を刊行した。延宝4年4月10日死去。42歳。別姓に山井。名は定宣。通称は作左衛門。号は林庵。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿知子顕成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿知子顕成の関連情報

関連キーワード

岡本胤及南元順一和伊豆則常久津見吟市斎藤賀子志村常仙乗阿如風良弘(2)

他サービスで検索

「阿知子顕成」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.