Rakuten infoseek

辞書

阿玉台貝塚【あたまだいかいづか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿玉台貝塚
あたまだいかいづか
千葉県香取市小見川にある縄文時代中期の貝塚。利根川南岸の下総台地にある遺跡で,1894年の発見以来,発掘調査が進められてきた。海産貝類が主体の純鹹貝塚で,この貝塚出土の土器によって,阿玉台式土器の型式が設定された。胎土に雲母末を含むことが特徴的で,口縁に大きな四角形の取手をもっている。この土器は霞ヶ浦周辺に顕著な分布を示し,北は福島県に広がり,散発的には中部地方にも認められる。西関東,甲信地方の勝坂式土器 (→勝坂遺跡 ) と時期的に並行する。 1968年国の史跡に指定。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

あたまだいかいづか【阿玉台貝塚】

千葉県香取市阿玉台にある貝塚遺跡。利根川下流に注ぐ黒部川支谷の沖積地の緩斜面に位置し、1894年(明治27)に発見されて以来、数回にわたる発掘調査が行われた。その結果、口縁部に独特の装飾があり、胎土に雲母を含む土器が発見され、「阿玉台式土器」と名づけられた。縄文時代中期前半の標式土器となった阿玉台式土器をはじめ、多くの土器、石器、貝輪などが出土した。1957年(昭和32)の発掘調査では主要な貝類として、ハマグリ・シオフキ・アカニシなど海水産のものが発見されたことから、鹿島灘から流入してきた海水が、縄文中期にはこの辺りまで迫っていたと推定される。その他にも哺乳類・魚類・鳥類などの骨が検出されたといわれ、関東地方における縄文土器の標式遺跡であり、学術上価値が高いことから、1968年(昭和43)に国の史跡に指定。縄文中期の様相を知るうえで重要な貝塚といわれている。JR成田線小見川駅から千葉交通バス「茶畑」下車、徒歩約40分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿玉台貝塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿玉台貝塚の関連情報

他サービスで検索

「阿玉台貝塚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.