Rakuten infoseek

辞書

阿波茶【あわちゃ】

飲み物がわかる辞典

あわちゃ【阿波茶】

徳島県相生町などで独特の製法で作られる日本茶。夏場に成長した葉を摘み、ゆでてよく揉んでから桶に詰め、乳酸菌などの微生物の力でじっくり発酵させたものを日光で乾燥させる。水色(すいしょく)は山吹色で、甘酸っぱい香りと酸味がある。不発酵茶が一般的な日本茶には珍しい製法であり、さらに、紅茶などの発酵茶は葉自体に含まれる酵素による酸化発酵であるが、阿波茶はいったんゆでて酸化発酵をとめた後、微生物によって発酵させる後発酵茶である。◇「阿波番茶」「相生番茶」ともいう。⇒発酵

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿波茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿波茶の関連情報

他サービスで検索

「阿波茶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.