Rakuten infoseek

辞書

阿弥陀【アミダ】

デジタル大辞泉

あみだ【阿弥陀】
阿弥陀仏」に同じ。

阿弥陀笠」の略。
阿弥陀籤(くじ)」の略。
阿弥陀被(かぶ)り」の略。
「帽子が額をすべって、やけに―となる」〈漱石草枕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あみだ【阿弥陀】
極楽浄土にいて衆生を救済するとされる仏。弥陀とも略称される。《無量寿経》によれば,過去世に法蔵比丘が世自在王如来のもとで四十八の誓願をたて,長期間の修行を果たし,現在では阿弥陀仏となり,極楽浄土の主となって,その浄土へ往生を願う衆生を摂取するという。四十八の誓願のうち第十八願は阿弥陀仏を念ずれば極楽往生できるというもので,後世の中国,日本では称名念仏の根拠とされた。この仏はサンスクリット文献ではAmitābha(無量光),Amitāyus(無量寿)として現れるが,阿弥陀はおそらくこの前半部amita(無限)の方言であろう(他にも説がある)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あみだ【阿弥陀】
Amitāyus(無量寿と漢訳)・Amitābha(無量光と漢訳)の音訳〕
○ 〘仏〙 大乗仏教の浄土教の中心をなす仏。法蔵比丘びくとして修行中に衆生しゆじよう救済の願をたて、現在は成仏し西方の極楽浄土で教化しているとされる。自力で成仏できない人も、念仏を唱えればその救済力によって、極楽に往生すると説く。平安時代に信仰が高まり、浄土宗・浄土真宗の本尊となる。弥陀みだ。阿弥陀仏。阿弥陀如来。無量寿仏むりようじゆぶつ。無量光仏。無碍光仏むげこうぶつ。清浄光仏。尽十方無碍光如来じんじつぽうむげこうによらい
「あみだくじ」の略。
「あみだかぶり」の略。
「あみだがさ」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

阿弥陀 (アミダ)
植物。マメ科の多年草。シャジクソウの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿弥陀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿弥陀の関連情報

他サービスで検索

「阿弥陀」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.