Rakuten infoseek

辞書

阿弥陀寺【あみだじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿弥陀寺
あみだじ
山口県防府市にある華厳宗 (真言宗御室派を兼宗) の寺。文治2 (1186) 年東大寺再建の大勧進職として周防国司となった俊乗坊重源により建立。また『防長寺社由来』によれば,建久8 (97) 年東大寺別所として創建され,後白河法皇の勅願所となったという。住職には東大寺勧進職が任じられ,塔頭が輪番により寺内の諸沙汰をつとめた。寛文年間に中興され,真言宗に転じたが,1953年もとの華厳宗となり,現在真言宗も兼宗している。建久8年につくられた鉄宝塔は,鋳鉄製で五輪の塔に近い形態を示し,中に水晶五輪塔を奉安する金工史上の秀作。また,その銘文も金石文として高い価値を有しており国宝

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あみだ‐じ【阿弥陀寺】
山口県下関市阿弥陀寺町にあった真言宗の寺。安徳天皇が葬られ、中世までは浄土宗。明治8年(1875)、寺を廃して赤間宮となる。→赤間神宮
山口県防府(ほうふ)市牟礼(むれ)にある真言宗御室派の寺。山号華宮山。文治3年(1187)、東大寺大勧進重源(ちょうげん)が別所として建立。近世初期まで浄土宗であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

阿弥陀寺
 1187年に重源[ちょうげん]によって建てられたお寺です。東大寺を建て直すための木材を切り出したり、仏教を広めたりする拠点(別所[べっしょ])として建てられました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

阿弥陀寺
山口県防府市にある寺院。華厳宗、真言宗御室派を兼宗。山号は華宮山(かぐうざん)。1187年創建。東大寺別院。鉄宝塔は国宝に指定。アジサイの名所。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あみだじ【阿弥陀寺】
京都市上京区鶴山町の浄土宗鎮西義の寺院。知恩寺末寺。もと近江坂本にあったというが,生誉清玉は飯尾元運などの援助を得て,1555年(弘治1)管領代の旧跡,京都の芝薬師町に寺を建て,三好長慶の禁制を与えられた。この地は蓮台野に近く,同寺も蓮台山と称する無縁所で,墓所たることを認められ,境内には市場も立ち,能などの芸能も行われた。その後も,室町幕府によって,60年(永禄3)千部経読誦,63年別時念仏のさい,市場を開くことを認められており,織田信長の帰依もうけ,82年(天正10)の本能寺の変のあと,清玉は信長やその家臣の屍を境内に葬った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あみだじ【阿弥陀寺】
周防国牟礼令(現,防府市牟礼)の古寺。山号華宮山。1186年(文治2)後白河法皇により周防国は焼失した東大寺の造営料国に寄進された。造営責任者で周防国務をゆだねられた大勧進重源上人が,国衙領経営と造営用材伐採の拠点として国庁東方に設けた周防別所(南無阿弥陀寺)が同寺の前身である。堂宇が完成をみた97年(建久8)重源は鉄製多宝塔(国宝として現存)を鋳造し,同寺創建の由来を刻みこんだ。以降周防国司職を兼ねる歴代東大寺大勧進上人を住持に,在庁官人を檀越とする同寺は,1281年(弘安4)にその由緒から朝廷祈願所となり,国衙の庇護のもとに寺領を経営し,多くの子院を擁して隆盛をほこった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あみだじ【阿弥陀寺】
山口県防府市牟礼むれにある真言宗御室おむろ派の寺。1187年重源ちようげんの建立。東大寺別所。浄土教発展の一拠点となった。
山口県下関市阿弥陀町にあった寺。中世には浄土宗、近世では真言宗に転じた。安徳天皇鎮魂のため1191年に建立。1875年(明治8)寺を廃して赤間宮となる。 → 赤間神宮

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿弥陀寺
あみだじ
山口県防府(ほうふ)市牟礼(むれ)上坂本にある寺。東大寺別院。真言宗御室(おむろ)派に所属し、華宮山(かぐうざん)と号す。1180年(治承4)東大寺が焼失したのち、俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)を大勧進職として再建させたが、そのときの復興に朝廷は周防(すおう)一国の租税を東大寺に寄付し、重源を周防の国務の管理に任じた。阿弥陀寺は、重源が殊遇を受けたのち白河法皇の現世安穏を祈って1187年(文治3)に創建。国宝の鉄宝塔には、建久(けんきゅう)8年(1197)重源造立の銘があり、東大寺造営のことを刻んでいる。国の重要文化財に重源坐像(ざぞう)、金剛力士像2躯(く)、阿弥陀寺領田畠注文並免除状1巻、東大寺槌印(つちいん)があり、寺内に本堂、念仏堂、仁王門などが建つ。[野村全宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿弥陀寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿弥陀寺の関連情報

他サービスで検索

「阿弥陀寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.