Rakuten infoseek

辞書

阿国歌舞伎【おくにかぶき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿国歌舞伎
おくにかぶき
出雲の阿国が創始した芸能。初期歌舞伎全体をさす場合もある。「ややこおどり」などの,女性による風流系の小歌踊を演じて諸国を回っていた阿国が,慶長8 (1603) 年京都北野天満宮境内で,当時流行していたかぶき者 (他と異なる服装や行動をする若者) の茶屋通いの風俗を取り入れた「かぶき踊」を演じて人気を博した。念仏踊や,名古屋山三 (→名古屋山三郎 ) を舞台に登場させるなど新奇な工夫を凝らしている。三味線はまだなく,猿若という道化役者が加わっていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おくに‐かぶき【×阿国歌舞伎】
慶長年間(1596~1615)に出雲大社巫女(みこ)出身といわれる阿国が、京都で演じた一種の舞踊劇念仏踊り系統の舞踊と滑稽(こっけい)な寸劇とからなる。歌舞伎の始めとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おくにかぶき【阿国歌舞伎】
江戸初期、出雲大社の巫女みこといわれる阿国が、京都で、当時流行の念仏踊りや狂言を卑俗化して演じた歌舞・寸劇。歌舞伎の始めとされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿国歌舞伎
おくにかぶき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おくに‐かぶき【阿国歌舞伎】
〘名〙 慶長年間、出雲大社の巫女(みこ)といわれる阿国が、京都ではじめた舞踊劇。念仏踊りと、滑稽(こっけい)寸劇をまじえた歌舞伎踊りで、当時の評判を得た。のちの歌舞伎芝居の始祖とされる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

阿国歌舞伎
おくにかぶき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
真山青果
初演
昭和8.3(東京・東京劇場)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿国歌舞伎
〔長唄〕
おくにかぶき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
中内蝶二
演者
杵屋六四郎(3代)
初演
大正9.5(東京)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿国歌舞伎
(別題)
おくにかぶき
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
御国歌舞伎
初演
享保12.7(江戸・森田座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿国歌舞伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿国歌舞伎の関連情報

他サービスで検索

「阿国歌舞伎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.