Rakuten infoseek

辞書

阿児【あご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阿児
あご
三重県志摩半島南東部の地区。旧町名。 1955年鵜方町,神明,立神,志島,甲賀国府安乗村が合体,町制。 2004年 10月,浜島町,大王町,志摩町,磯部町と合併し,志摩市となる。地名古くからの郡名英虞 (あご) にちなむ。中心地区は鵜方で,志摩地方の中心でもある。東部の国府 (こう) は志摩国府と国分寺が置かれたところ。太平洋岸でははえ縄,定置網,海女漁業などの沿岸漁業が,英虞湾岸では真珠,ハマチなどの養殖が行なわれる。安乗には伝統の安乗の人形芝居 (重要無形民俗文化財) がある。賢島まで近畿日本鉄道志摩線が通る。周辺にはホテル,別荘,ゴルフ場,水族館などがあり,観光地化が著しい。全域が伊勢志摩国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あご【阿児】
三重県中東部、志摩市の地名。志摩半島南東端に位置。海女漁業・真珠養殖で有名。 → 英虞あご

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阿児
あご
三重県中東部、志摩郡(しまぐん)にあった旧町名(阿児町(ちょう))。現在は志摩市の東部を占める一地区。1955年(昭和30)鵜方(うがた)町を中心に神明(しんめい)、立神(たてかみ)、志島(しじま)、甲賀、国府(こう)、安乗(あのり)の1町6村が合併して成立。2004年(平成16)浜島(はまじま)町、大王(だいおう)町、志摩町、磯部(いそべ)町と合併、市制施行して志摩市となる。旧町域は、志摩半島南東部に位置し、近畿日本鉄道志摩線と国道167号、260号、志摩パールロードが通じる。名称は、古代からの郡名英虞(あご)に平易な字をあてたもの。隆起海食台の一角で標高20~30メートルの緩い起伏が続く。太平洋岸の安乗崎や国府白浜の男性的な海岸と対照的に、英虞湾は波静かなリアス式の入り江で真珠の養殖筏(いかだ)が浮かび、中心に志摩観光の拠点賢島(かしこじま)がある。全域が伊勢志摩国立公園域。最高地の横山(203メートル)には三つの展望台があり、美しい景色を一望できる。国府に志摩国分寺跡がある。安乗の人形芝居は国の重要無形民俗文化財。[伊藤達雄]
『『阿児町史』(1977・阿児町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿児」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阿児の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.