Rakuten infoseek

辞書

防衛【ぼうえい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防衛
ぼうえい
外国による攻撃に対して国の安全を保持する作用。日本においては,日本国憲法前文および憲法第9条による徹底した平和主義の宣言と武力の行使の放棄とによって,防衛の実行や防衛のための組織をもつことはできないとするがあるが,政府見解のように,自衛戦争ならびに自衛のための戦力保持を可能とする説もある(→自衛権)。防衛省設置法(→防衛省),自衛隊法,国家安全保障会議設置法(→国家安全保障会議)ならびに日米安全保障条約日米相互防衛援助協定日米地位協定などが,日本の防衛に関する基本的な法律,条約である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐えい〔バウヱイ〕【防衛】
[名](スル)他からの攻撃に対して、防ぎ守ること。「祖国を防衛する」「タイトルを防衛する」「正当防衛

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼうえい【防衛】
( 名 ) スル
(他からの攻撃を)ふせぎまもること。 「祖国を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐えい バウヱイ【防衛】
〘名〙 他からの攻撃に対し、防ぎ守ること。
先代旧事本紀(806‐936頃)三「誘欺防拒、而令治平、令三十二人並為防衛、天降供奉矣」 〔拾遺記‐蜀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防衛の関連情報

他サービスで検索

「防衛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.