Rakuten infoseek

辞書

防臭剤【ぼうしゅうざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防臭剤
ぼうしゅうざい
deodorant
悪臭を防ぐ薬剤便所に用いるパラジクロロベンゾールや片脳油のように,不快な臭気を強い芳香らせるものを消臭剤,冷蔵庫に入れる活性炭や口内の臭気をとるクロロフィリンのように,臭気を吸取るものを脱臭剤といったりするが,防臭消臭脱臭区別ははっきりせず,混用されている。エアゾール式に噴霧して,悪臭物質と化学的に結合させて,臭気をとる製品も出ているが,効果は一時的である。工業的には動植物油脂の精製臭気抜きは欠かせない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼうしゅう‐ざい〔バウシウ‐〕【防臭剤】
悪臭や異臭を減じ、または消すのに用いる薬剤。活性炭葉緑素など臭気を吸収するものと、石炭酸樟脳油(しょうのうゆ)芳香油など強い香気で臭気をうち消すものとがある。臭気止め。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぼうしゅうざい【防臭剤】
悪臭をふせぐ薬剤。脱臭剤、消臭剤、また、それ自身が芳香を放つことにより臭覚を悪臭より紛らすものをもいうことがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

防臭剤
ぼうしゅうざい
deodorant
一般に香料などを擬和剤として用い、悪臭を感覚的に消す擬和脱臭剤を意味する。悪臭の原因となる化学物質は、硫化水素やメルカプタンなどの硫黄(いおう)化合物、アンモニアやスカトール、アミンなどの窒素化合物、およびギ酸、酢酸、プロピオン酸、酪酸などの脂肪酸である。
 これらの悪臭原因物質を物理的に吸着剤(活性炭や酸性白土)を用いて除去したり、酸化剤(塩素、さらし粉など)で化学的に分解したり、殺菌剤によって悪臭を放つ物質の根源を化学・生物学的に断つものを狭義の脱臭剤といい、これと擬和脱臭剤を含めて広く脱臭剤とよぶ。擬和脱臭剤としては松材より抽出されるマツのにおいをもつパイン油pine oilと、安息香酸チンキ、サリチル酸メチル、竜脳(ボルネオール)、樟脳(しょうのう)白油、シトロネラール油などの香料配合剤、それにバラやスズランなどの花の香りをもつ合成香料などがある。[野村正勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼうしゅう‐ざい バウシウ‥【防臭剤】
〘名〙 悪臭や異臭を消したり、抑制したりする薬剤。木炭や石灰のように臭気を吸着させるもの、薄荷・石炭酸・樟脳油などのように強い芳香で臭気をまぎらすものがある。臭気止め。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座と築地の憶出「防臭剤の樟脳の臭ひがプンプンしてゐたばかりだったが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防臭剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防臭剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.