Rakuten infoseek

辞書

防腐【ぼうふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防腐
ぼうふ
antiseptic
微生の侵入,発育,増殖を防止し,腐敗や発酵が起らないようにすること。この目的で用いられるのが防腐剤で,少量でかび類,細菌類の増殖を抑制して食品その他の材料の変質を防ぎ,その保存性を高める効果があり,その作用も持続的であることが必要となる。微生物を直接死滅させることを目的としない点で殺菌剤または消毒剤と異なる。使用面から,(1) 工業用防腐剤 (ヒドロキシ化合物有機酸の金属塩など) ,(2) 食品防腐剤 (安息香酸サリチル酸デヒドロ酢酸など) ,(3) 医薬品防腐剤 (チメロサール,塩化ベンザルコニウムなど) に区別される。特に食品防腐剤は,広く腐敗微生物の増殖を阻止する作用のほかに,人体に無害であること,保存効果が確実なこと,可食性をそこなわないことなどの条件を満たしていなければならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼう‐ふ〔バウ‐〕【防腐】
微生物の増殖を抑えるなどして腐敗をふせぐこと。「防腐加工」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

防腐
 微生物による食品の変敗を防ぐこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼうふ【防腐】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼうふ【防腐】
物の腐るのを防ぐこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼう‐ふ バウ‥【防腐】
〘名〙 微生物を殺し、また、その繁殖を妨げるような条件を与えて、腐敗を防ぐこと。乾燥、冷凍、加熱、燻製、缶詰、塩漬などの方法がある。
※写真鏡図説(1867‐68)〈柳河春三訳〉二「能く防腐の功ありと云ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防腐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防腐の関連情報

他サービスで検索

「防腐」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.