Rakuten infoseek

辞書

防府市【ほうふ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

防府〔市〕
ほうふ
山口県中央南部,周防灘にのぞむ市で,向島を含む。 1936年防府,中関の2町と華城牟礼の2村が合体して市制。 39年西浦村,51年右田村,54年富海村,55年小野村大道村をそれぞれ編入。広い平野と佐波川の水に恵まれ先史時代遺跡も多い。大化改新 (645) で周防国国府がおかれ,名称もこれに由来。室町時代は大内氏,弘治3 (1557) 年以降毛利氏が支配した。中心市街地は宮市と三田尻で,宮市は近世山陽道宿場町防府天満宮鳥居前町市場町を兼ねて繁栄。三田尻は港町で毛利水軍の御船倉がおかれた。周南工業地域の西端にあたり,繊維,酒造,製袋などの工場があり,陶管,陶器,水産加工などの在来工業も行われる。史跡大日古墳周防国分寺旧境内,周防国衙跡,敷山城跡などがある。毛利博物館は雪舟作『山水長巻』など4点の国宝収蔵。古刹阿弥陀寺には国宝鉄宝塔がある。向島のタヌキ生息地,西浦のエヒメアヤメ自生南限地帯は天然記念物。 JR山陽本線,国道2号線,262号線が通り,山陽自動車道の防府東,防府西インターチェンジがある。面積 189.37km2。人口 11万5942(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

防府市
 1902年に佐波村と三田尻村が合併して防府町になった後、1936年に防府町・中関町華城村牟礼村が合併して、はじめて市になりました。後に西浦村・右田村・富海村・小野村・台道村と合併し、今の市域になります。防府という名前は「周防の国府」からきています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうふ‐し〔ハウフ‐〕【防府市】
防府

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

防府市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.