Rakuten infoseek

辞書

阪東妻三郎【ばんどうつまさぶろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

阪東妻三郎
ばんどうつまさぶろう
[生]1901.11.14. 東京
[没]1953.7.7. 京都
映画俳優。本名田村伝吉。 11世片岡仁左衛門内弟子となり,舞台に出演したが,1922年映画俳優に転じ,『鮮血の手型』 (1923) で人気スターとなった。 27年プロダクションを創立,37年日活に入社,以後大映松竹と転じ,阪妻愛称でファンに親しまれた。主演作品『雄呂血』 (25) ,『無法松の一生』 (43) ,『王将』 (48) ,『破れ太鼓』 (49) ,『あばれ獅子』 (53) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばんどう‐つまさぶろう〔‐つまサブラウ〕【阪東妻三郎】
[1901~1953]映画俳優。東京の生まれ。近代的な性格の英雄像を演じ、時代劇革新の一翼を担った。愛称、阪妻。代表作雄呂血」「無法松の一生」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

阪東妻三郎 ばんどう-つまさぶろう
1901-1953 大正-昭和時代の映画俳優。
明治34年12月14日生まれ。田村高広田村正和の父。11代片岡仁左衛門の弟子。大正12年マキノ映画にはいり,時代劇「雄呂血(おろち)」などに出演。剣戟王(けんげきおう)阪妻の異名をとり,チャンバラ時代劇の大スターとなる。また「無法松の一生」「王将」などの名演技で知られた。昭和28年7月7日死去。51歳。東京出身。本名は田村伝吉。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

阪東妻三郎
1901〜1953(明治34年〜昭和28年)【映画俳優】「バンツマ」と呼ばれた、チャンバラ映画の大スター。 戦前戦後の映画界に君臨。大正・昭和期の映画俳優。本名田村伝吉。東京都出身。歌舞伎役者から1923年(大正11)映画監督マキノ雅裕に見い出されて映画俳優に転じ、「鮮血の手形」「雄呂血」など時代劇映画でのリアルな立ち回りで人気を集めた。映画が無声からトーキーに変わると、その適応に苦労し一時低迷するが、1937年「恋山彦」で復活。「バンツマ」の愛称で、剣戟王として映画界に君臨した。「無法松の一生」「王将」などの現代劇にも活躍。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんどうつまさぶろう【阪東妻三郎】
1901‐53(明治34‐昭和28)
映画俳優。〈阪妻〉の呼名で親しまれ,豪快な立回りを見せたチャンバラ時代劇の大スターであるのみならず,スクリーンでも実生活でもその人間的な大きさで知られ,なかば伝説化されている名優。本名田村伝吉。東京生れ。11世片岡仁左衛門の門下に入り,1923年,マキノ映画に入社。大部屋俳優から主役をつかみ,ニヒリズムと乱闘を魅力とした寿々喜多呂九平(すすきたろくへい)脚本の一連の時代劇《鮮血の手型》(1923),《討たるゝ者》《逆流》(ともに1924),《江戸怪賊伝・影法師》《墓石が鼾する頃》《異人娘と武士》《雄呂血》(ともに1925)等々で人気を博して,剣戟王・阪妻の異名を取り,〈目玉の松ちゃん〉こと尾上松之助の1人斬るごとに見得を切る〈旧劇〉の古めかしさを脱して,ダイナミックな剣戟を生かした新しいチャンバラ映画の全盛時代をつくった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんどうつまさぶろう【阪東妻三郎】
1901~1953) 映画俳優。東京生まれ。チャンバラ無声映画全盛期に「雄呂血」などで、反逆的時代劇ヒーローを演じた。トーキー以後も「無法松の一生」「王将」などで、無垢むくの魂をもった野人を表現して好評を得た。阪妻ばんつま

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

阪東妻三郎
ばんどうつまさぶろう
(1901―1953)
映画俳優。本名田村伝吉。明治34年12月14日東京に生まれる。日本橋高等小学校卒業。11世片岡仁左衛門の弟子となったが、小芝居に転じて阪東妻三郎を名のる。1923年(大正12)草創期のマキノ映画に入社。何本かに助演ののち、親友寿々喜多呂九平(すずきたろくへい)の脚本による『鮮血の手型』(1923)に主演して人気を得、『討たるゝ者』(1924)、『影法師』(1925)など、苦悩に満ちた人生を歩む反逆の剣士といったニヒルな役柄とリアルな殺陣(たて)で、またたくまに人気スターとなり、1925年には独立プロの盟主となった。クライマックスの激しい立回りがいまも語りぐさの『雄呂血(おろち)』(1925)によって剣戟(けんげき)王阪妻(ばんつま)の名を確立。阪妻プロは曲折を経て1936年(昭和11)まで続くが、作品的には恵まれず、一俳優として日活に入社。トーキーに不向きな発声を徐々に克服して『江戸最後の日』(1941)の勝海舟(かつかいしゅう)で演技開眼、1943年の『無法松の一生』で、これまでの英雄的役柄から一転して無知な庶民の純粋な人間像に新境地を開いた。第二次世界大戦後も、『素浪人罷(まか)り通る』(1947)、『おぼろ駕籠(かご)』(1951)などの時代劇を主に風格をみせたが、『王将』(1948)の阪田三吉、現代コメディ『破れ太鼓』(1949)の頑固親爺(おやじ)に、他の追随を許さぬ独自の人間像をつくりあげた。昭和28年7月7日京都で没。俳優の田村高廣(たかひろ)(1928―2006)、田村正和(まさかず)(1943― )、田村亮(りょう)(1946― )は実子である。[吉田智恵男]
『丸山敞平著『剣戟王阪東妻三郎』(1998・ワイズ出版) ▽秋篠健太郎著『阪東妻三郎』(1977・毎日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばんどう‐つまさぶろう【阪東妻三郎】
映画俳優。本名田村伝吉。東京出身。はじめ歌舞伎を修業。大正一二年(一九二三)マキノ映画に入社、時代劇を中心に活躍し、阪妻(ばんつま)の愛称で呼ばれた。明治三四~昭和二八年(一九〇一‐五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪東妻三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

阪東妻三郎の関連情報

関連キーワード

シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オーストラリア・ニュージーランド文学ストリンドベリレゼジー・ド・タヤックロシア革命ヨーロッパサッカーニューヨーク・ヤンキース

他サービスで検索

「阪東妻三郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.