Rakuten infoseek

辞書

【ケチ】

デジタル大辞泉

けち【×闕】
闕官(けっかん)1」に同じ。
「―の侍らざらむには、いかでかは」〈宇津保・蔵開中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けつ【×闕】
中国で、宮門の両脇に設けた物見やぐらの台。石闕(せっけつ)。
宮城。宮城の門。
欠(けつ)1」に同じ。
「大納言の―あるに依りて、此を望むとて」〈今昔・二四・二五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けつ【闕】[漢字項目]
[音]ケツ(漢) [訓]かける
宮城の門。また、宮城。「闕下宮闕禁闕城闕
(「」と通用)不足する。かける。「闕字闕如闕文闕本残闕
あやまち。「闕失
[難読]闕腋(けってき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けつ【闕 què】
古代中国の宮殿祠廟陵墓などの門前両脇に張り出して左右対称に設けられた望楼中間が闕然として何もないことから,その名がある。闕の名称は西周時代の文献にすでに見える。一般に高い基壇の上に楼閣を立てたが,のちには石造でそのかたちをかたどったものもつくられた。実物としては高頤(こうい)闕などの漢代の石造墓闕や,画像石に描かれたもの,壁画墓の墓道両脇に描かれたもののほか,北京故宮の午がこの形式になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けつ【闕】
欠けること。完全に備わっているべきものが、足りないこと。
宮殿の門。宮門。また、宮城。
中国で、宮門の両わきに築いた台。その上を物見とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けち【闕】
〘名〙
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「例あるよろこびなどもせさすべきを、ただいまそのけちなどえあらで」
② =けち(結)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けつ【闕】
〘名〙
① =けつ(欠)
※続日本紀‐養老五年(721)三月乙卯「一定以後、随闕充補」 〔春秋左伝‐襄公元年〕
② 宮城。また、宮城の門。
※空華日用工夫略集‐応安四年(1371)正月八日「具衣冠、望闕再拝」 〔漢書‐朱買臣伝〕
③ 中国で、宮城門外の左右にあって、上に物見やぐらを設けた二つの台。〔春秋左伝‐荘公二一年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

闕の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.