Rakuten infoseek

辞書

関鍵【カンケン】

デジタル大辞泉

かん‐けん〔クワン‐〕【関鍵】
かんぬきと、かぎ。
戸締まり。
物事の最も重要なところ。要点。
「二人の恋の―を自ら握って居る」〈花袋蒲団

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんけん【関鍵】
〔「関」はかんぬきの意〕
門のかんぬきと扉のかぎ。
物事のかなめ。 「川島片岡両家の-は実に浪子にありて/不如帰 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐けん クヮン‥【関鍵】
〘名〙 (「」は門を閉める横木、「」は、かぎの意)
① 門のかんぬきと扉のかぎ。
※令義解(718)宮衛「凡諸門鍵管鎰。〈謂。者。持門横木也。鍵者。門牡也。〈略〉〉皆須窂固」 〔老子‐二七〕
② 門や扉の戸じまり。〔淮南子‐人間訓〕
③ 物事の本質を得るため、あるいは物事を解決するためになくてはならないもの。大切なところ。かなめ。かぎ。
※異制庭訓往来(14C中)「楽者通天地造化之関鍵也」
※大学垂加先生講義(1679)「此文字の関鍵也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関鍵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関鍵の関連情報

他サービスで検索

「関鍵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.