Rakuten infoseek

辞書

関西間【カンサイマ】

リフォーム用語集

関西間
関西で多く用いられてきた平面計画手法の基準尺。6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)のの大きさを基準として各室の大きさを決定し、それから柱の位置を決める手法(畳割または内法柱間制)が知られている。京間ともいわれ、畳の名称にも用いられる。→関東間

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関西間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関西間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.