Rakuten infoseek

辞書

関節固定術【かんせつこていじゅつ】

世界大百科事典 第2版

かんせつこていじゅつ【関節固定術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

関節固定術
かんせつこていじゅつ
関節を動かないように良肢位に固定し、それによって機能的に有利にしようとする手術をいう。たとえば、脊髄(せきずい)性小児麻痺(まひ)(ポリオ)の三角筋麻痺で上肢がまったくあがらないような場合に、肩関節固定術によって上肢をあげられるようにするとか、股(こ)関節の疾患で疼痛(とうつう)のため歩行できないような場合に、股関節を良肢位に固定して疼痛を除き、支持性を増して歩行を可能にするなどである。
 手術方法は、関節軟骨を切除し、骨移植を行って良肢位で骨性強直を得させる。手術後、骨が完全に癒合するまではギプス固定、装具の装用などを行う。[永井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関節固定術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関節固定術の関連情報

他サービスで検索

「関節固定術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.