Rakuten infoseek

辞書

関東ローム層【かんとうロームそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関東ローム層
かんとうロームそう
関東平野をおおっている火山灰層。普通赤土と呼ばれているが,ロームという呼称は,1881年に D.ブラウンスにより名づけられた。南部では,富士箱根,北部では浅間榛名赤城,男体の諸火山に由来する。段丘面の対比,層中の暗色帯,浮石帯,鉱物組成などをもとに,南関東では立川,武蔵野,下末吉,多摩の各ローム層に層序区分されている。立川はウルム氷期後半,武蔵野はウルム氷期前半,下末吉はリス=ウルム間氷期末ないしウルム氷期初期,多摩はミンデル=リス間氷期末ないしリス氷期という地史的位置が考えられている。現在までに,関東地方では,このローム層中から,土器を伴わない石器群が数多く発見されている。そのような石器文化は,通常,先土器文化と呼ばれる。南関東では,この先土器文化はすべて立川ローム層中に含まれている。なお,北関東のローム層に含まれている著名な岩宿遺跡下層の石器群は,南関東の武蔵野ローム層もしくは立川ローム層のいずれに対比されるのか,明らかでない。 (→火山灰 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんとうろーむそう【関東ローム層】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんとうロームそう【関東ローム層】
関東地方の台地や丘陵をおおう火山灰層。第四紀更新世に箱根・富士・赤城・男体・榛名・浅間の諸火山から噴出したもの。赤褐色の粘土質で、乾燥すると微細な粒子となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

関東ローム層
かんとうろーむそう
もともと関東平野の台地丘陵を広く覆う赤土とよばれる赤褐色の土壌のうち、東京周辺のものにつけられた土壌学上の名称。東京周辺の赤土は、砂、シルト、粘土がほぼ等量混じり合っており、土壌学上ロームloamとよばれる粒度組成をもっていたため、関東ロームという名称が与えられた。しかし、同じようなものは関東地方以外や海外にもある。身近な存在であるが、その成因についてはさまざまな議論がなされてきている。かつては、火山灰層などが地表からの土壌化作用を受けて生じた残積性土壌であるという説があった。しかし、この説は現在では否定されており、関東ローム層(および同様の地層)は、最上部の黒土の部分を含め、風で運ばれた細粒物質が少しずつ地上に累積的に降下堆積(たいせき)して形成されたものであると考えられている。風で運ばれる可能性のある細粒物質には、火山噴火でもたらされた火山灰と裸地から風で舞い上がった風塵(ふうじん)がある。風塵には、火山の火口周辺の裸地から舞い上がったもの、火山以外の裸地から舞い上がったもの、黄砂(こうさ)のような遠方の大陸からもたらされたものがある。これらのうち、おもに何が累積的に堆積して関東ローム層をつくったかについては、噴火による火山灰とする説と火口近傍の裸地から舞い上がった風塵とする説とがある。
 関東ローム層は、堆積している河成段丘や海成段丘の形成時代順にいくつかの層準の地層に区分される。南関東では古いほうから、多摩ローム、下末吉(しもすえよし)ローム、武蔵野(むさしの)ローム、立川ロームの4層に区分されている。
 関東ローム層の量は、中期更新世以降堆積したものだけでも膨大である。この膨大な量の関東ロームは、関東平野の埋積を速め、陸域を拡大したばかりでなく、台地平坦(へいたん)面を侵食から守り、丘陵化を遅らせた。このように、関東ロームは関東平野の地形発達史にも大きな影響を与えている。[伊藤谷生・笠間友博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんとう‐ロームそう クヮントウ‥【関東ローム層】
〘名〙 (ロームはloam) 関東地方の台地、丘陵をおおう赤褐色土層。洪積世~沖積世初めごろ富士、浅間、赤城、榛名、男体山などの火山灰が堆積してできたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

関東ローム層
かんとうロームそう
関東地方の台地をおおって分布する赤褐色の砂質粘土層
更新世末期,富士・赤城・榛名山などの火山活動により,火山灰が多量に堆積して形成されたもの。武蔵野台地では数十mの厚さに及ぶ。群馬県岩宿のローム層中から打製石器が発見されて,一躍クローズアップされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんとう‐ロームそう〔クワントウ‐〕【関東ローム層】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関東ローム層」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関東ローム層の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.