Rakuten infoseek

辞書

関取【せきとり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

関取
せきとり
十両以上の力士のこと。幕下以下の付け人がつき,土俵入りに出場し,取りまわし,稽古まわし,さがりなども幕下以下とは違うものを用いる。さらに,大銀杏を結うことが許され,月給,褒賞金をもらえるようになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

関取
相撲の力士は幕内(定員42人)、十両(同28人)を指す「取」と、幕下以下三段目、序二段、序ノ口までの「力士養成員」の2種類に大別される。関取は資格者ともいわれて一人前の力士として扱われ、有給となる。羽織、袴の着用や、絹の締め込み、化粧まわし、大銀杏の結髪などが許される。部屋での生活でも付け人が付き、個室が与えられる。一方、力士養成員は若い者といわれ、修業中の身として原則は無給大部屋での生活となる。ただし、相撲協会が定める大会の優勝者は、前相撲からではなく、幕下付け出しとして、15枚目格、または10枚目格からスタートする(学生相撲/アマチュア相撲)。
(根岸敦生 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

関取
大相撲の番付で幕内と十両の力士。「名前で関所を通ることが出来る」が敬称の由来。本場所の15日間のうち、ちょんまげ姿で7番相撲を取る幕下以下の力士と違い、大いちょうを結い、土俵入りを務めた後、15日間毎日土俵に上がる。月給が出るのも十両以上の関取に限られる。
(2019-02-05 朝日新聞 夕刊 スポーツ1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

せき‐とり【関取】
もと、大関異称。現在では幕内および十両力士の敬称。紋服を着ることができ、まげも大銀杏(おおいちょう)に結う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せきとり【関取】
十両以上の力士の敬称。もとは大関の異称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

関取
せきとり
相撲(すもう)用語で、幕内および十両力士の敬称。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せき‐とり【関取】
〘名〙
① 相撲の力士の最上位の者。大関。
※俳諧・手挑灯(1745)中「相撲〈略〉関取、関脇、小結」
※随筆・胆大小心録(1808)一三八「『兄(あに)々』といふて、関とりも関分も、小どもあしらいした事じゃ」
② 幕内および十両力士の敬称。力士社会では紋服を着ることができ、まげも大銀杏(おおいちょう)に結う。《季・秋》
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)四「枢戸(くぐりど)(はた)と推ひらき関取在(を)る歟、と顔さし入るる」
③ 稲の栽培品種。実がやや細長く白米として白く光沢があり美味。伊勢国(三重県)の原産。
※玉塵抄(1563)五一「関吏はせきとりなどぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関取の関連情報

他サービスで検索

「関取」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.