Rakuten infoseek

辞書

関与

ブランド用語集

関与
顧客の関与とは、顧客にブランド体験の機会を提供することで、積極的に参加させることをいう。関与の結果、ブランドとの関係が強まることが期待できる。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐よ〔クワン‐|カン‐〕【関与/干与】
[名](スル)ある物事に関係すること。「事件に―する」「国政に―する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんよ【関与】
( 名 ) スル
あることに関係すること。たずさわること。干与。 「政策決定に-する」 〔類義の語に「関連」があるが、「関連」は複数の物事が互いにかかわりあう意を表す。それに対して「関与」は人・組織などがある物事にかかわる意を表す〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐よ クヮン‥【関与・干カン与・干カン預】
〘名〙 ある物事に関係すること。たずさわること。かかわること。
※授業編(1783)一〇「青雲上に関与(クヮンヨ)する事もあり」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「天子、親王、公家、門跡等の権限を定め〈略〉、以て政事に干与するを制せり」 〔晉書‐羊祐伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関与」の用語解説はコトバンクが提供しています。

関与の関連情報

他サービスで検索

「関与」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.