Rakuten infoseek

辞書

閔妃【びんひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閔妃
びんひ
Minbi
[生]哲宗2(1851)
[没]高宗32(1895).10.8. 京城(現ソウル)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 末期の高宗の王妃閔氏。諡は明成王后。京畿道驪州郡出身。その政治力によって朝鮮王朝の政治を左右した。閔致禄の娘で,8歳で父母を失い継母のもとに育つ。早くから才色兼備をうたわれ,高宗3 (1866) 年3月 20日,高宗 15歳,閔妃 16歳で結婚。閔氏一族を登用し守旧事大 (親清) の政策をとり,政権を義父大院君や親日開化派と争った。同 32年 10月8日三浦梧楼公使らの陰謀で,日本人壮士によって虐殺された (→乙未事変 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

びん‐ひ【閔妃】
[1851~1895]朝鮮李朝第26代国王高宗朝と結んで摂政大院君を退け、守旧派事大党)を重用して親清政策をとる。日清戦争後はロシアに接近して反日政策を展開したため、日本公使三浦梧楼の指揮下の日本官憲および壮士らによって殺害された。ミンピ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

閔妃 びんひ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

閔妃 ミンビ
1851-1895 朝鮮王朝の第26代高宗(コジヨン)の妃。
哲宗2年9月25日生まれ。1866年16歳で妃となる。高宗の父李是応(イ-ハウン)(大院君)を失脚させ閔氏一族を登用して政権をにぎった。日清(にっしん)戦争後,ロシアとむすんで反日政策をとったため,朝鮮公使三浦梧楼が指揮する軍人,壮士らによって高宗32年8月20日(1895年10月8日)殺害された。45歳。京畿道出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

閔妃 びんき

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

びんひ【閔妃 Min‐pi】
1851‐95
朝鮮,李朝第26代高宗の妃。驪興(れいこう)閔氏の一族,閔致禄の娘として,京畿道驪州に生まれる。1866年,大院君の夫人閔氏の推薦で王妃となったが,宮中内外に閔氏一族の勢力を扶植し,73年には大院君を失脚させた。翌年,王子坧(のちの純宗)を産んで基盤をさらに固め,閔妃とその一族は政権の中枢を独占する。閔氏政権がすすめた開国政策は国内にさまざまな対立を生み出し,82年には壬午軍乱がおこった。このとき閔妃は変装して王宮を脱出したが,清国軍が介入して大院君を天津に連れ去ると,再び勢力を回復した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

びんぴ【閔妃】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミンビ【閔妃】
1851~1895 朝鮮王朝、高宗の妃。明成ミヨンソン皇后。大院君をしりぞけて実権を握り、開国論を唱えて1876年日本と江華島条約を結ぶ。壬午じんご軍乱以後は清に従属、84年甲申政変で独立党を追放し一族の全盛期を現出。日清戦争後、大院君一派と日本公使三浦梧楼の謀略により宮中で殺害された。びんぴ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

閔妃
びんひ / ミンピ
(1851―1895)
李氏(りし)朝鮮第26代高宗の妃。1866年に王妃に冊封(さくほう)された。時の執権者であった高宗の実父大院君と対立し、閔氏一族を中心に反対派を糾合、政府の要職に登用し、73年には国王親政の名のもとに大院君を退け、自ら権力を握った。鎖国主義を改め、76年には日本と江華条約(日朝修好条規)を結んだ。82年の壬午(じんご)軍乱で失脚したが、ふたたび政権を掌握。84年の甲申政変では一族の有力者を失いながらも、清(しん)国軍の介入で政変を挫折(ざせつ)させた。日清戦争後、親日的な金弘集らの手で甲午改革が始まると、ロシアに接近して日本の侵略を阻止しようと図った。これを憎んだ日本官憲、浪人の手によって、95年10月8日殺害され、死体は焼却された。[宮田節子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

びん‐ひ【閔妃】
朝鮮、李朝第二六代高宗の妃。閔致祿の娘。一八六六年王妃となって権勢を掌握、高宗の実父大院君を追放して閔氏一族による政権を確立した。清やロシアと結んで日本の侵略を阻止しようとしたために、乙未(いつび)の変で暗殺された。明成王后とも。(一八五一‐九五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閔妃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閔妃の関連情報

関連キーワード

アメリカズカップカルフーンケルビンリゴレットウィンエイクマンケリーケルネルブルックススクーンメーカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.