Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

間面記法【けんめんきほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間面記法
けんめんきほう
奈良時代から南北朝時代に用いられた建築平面規模形式を表現する方法。中世前期までの建築は身舎 (母屋) とひさしから成る構成であり,身舎の間口 (梁行) 柱間を「何間」と表わし,奥行 (梁間) は通常柱間2間であったから省略され,身舎に「何面」のひさしがついているかで表記した。ひさしは1~4面まで建物用途格式によってさまざまな形態があった。たとえば「五間四面」とあれば間口5間,奥行2間の身舎に4面にひさしを付けたもので,総間口は7間,総奥行は4間になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんめんきほう【間面記法】
建物の平面規模を表す方法の一つで,平安時代に用いられた。当時の建物は内部空間が母屋(もや)(身舎)と(ひさし)から構成されており,母屋の桁行(けたゆき)が何間で,その何面に庇が付くかによって全体の規模がわかる。母屋の梁間は2間が普通であるから,とくに表示する必要はない。例えば,三間四面は桁行3間の母屋の4面に庇が付くことを表しており,全体の規模は桁行5間,梁間4間となる(図)。寝殿造など住宅建築における庇の付き方をみると,前面にだけ庇を付けた一面庇から,背面にも付けた二面庇,さらに正側面に付けた三面庇,4面全部に付けた四面庇へと発展する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

間面記法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間面記法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.