Rakuten infoseek

辞書

間脳【かんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間脳
かんのう
diencephalon
脳幹の中で第三脳室を囲む部分をいう。視床視床下部との総称左右大脳半球の間を腹方より連ね,背方の視床と腹方の視床下部から成り,内部に第三脳室がある。視床は間上部を占める卵円形灰白質で,嗅覚を除くすべての感覚伝導路が集り,ここでニューロンを替えて大脳皮質に多くの線維で連結している。視床下部は第三脳室の下にあり,自律神経中枢として重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐のう〔‐ナウ〕【間脳】
脊椎動物の脳の一部で、中脳大脳との間にある部分。視床視床下部などからなり、中に第三脳室がある。自律神経の働きを調節し、意識・神経活動の中枢をなす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

間脳
 中脳の前方で,第三脳室を取り囲んだ領域.背側視床,視床下部,腹側視床下部,および視床上部から構成されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんのう【間脳 interbrain】
脊椎動物の脳の一部。視床脳ともいう。ヒトを含めて脊椎動物の間脳は,その形成過程や基本的な構造は同じである。動物が水中から陸上の生活に移るのと並行して,複雑な情報の処理が必要となり,視床が他の部分より大きく発達する。視床は種々の情報を受けて,それらを互いに関係づけ,終脳視床下部などに伝えることが実験的に証明されている。鳥類爬虫類の円形核は光,楕円核あるいは結合核は音の情報伝達に関与する。魚類の糸球体核は光その他の興奮を促進的または抑制的に受けて,さらに視床下部へ送り出す中継地となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんのう【間脳】
脊椎動物の脳の一部。大脳半球と中脳にはさまれた部分で、視床・視床上部・視床後部・視床下部からなる。嗅覚を除く感覚神経の中継中枢および自律神経系中枢がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間脳
かんのう
キノコの傘のように広がった終脳(左右大脳半球)を支えている柄(え)に相当するのが脳幹(延髄・橋(きょう)・中脳・間脳)である。間脳は脳幹の最先端部にあたり、左右大脳半球の間に挟まれた位置にある。間脳の上方は直接、左右大脳半球へ続き、下方は中脳へと続く。脊髄(せきずい)、脳幹を通じて間脳はその2%以下の容積であるが、大脳半球と密接な関係をもつ重要な部分である。
 哺乳(ほにゅう)類の間脳は前後方向に薄い板状の第三脳室によって左右対称的に分けられている。間脳は多数の神経細胞集団(神経核)から構成されているが、解剖学上は視床、視床上部、視床下部、視床後部の4部分に区別する。視床は間脳では背側部を占め、第三脳室の両側壁を形成している灰白質の塊で、視床全体としては楕円(だえん)球状である。視床は、嗅覚(きゅうかく)系以外の感覚神経が大脳皮質の感覚中枢に到達する中継中枢であり、大脳皮質の活動水準を統御する調節系(賦活(ふかつ)系と抑制系)の系路の中継場所でもある。視床上部は視床の後上部で正中位にある松果体を中心とした部分で、松果体は後方に突き出ている。視床下部は視床灰白質の腹側に続く部分で、第三脳室の底および腹側壁をつくっている。底中央部は漏斗(ろうと)状をしており、その下端には下垂体が下垂体茎によって付着している。視床下部は内臓の働きや内分泌の働きを支配し、生命現象をつかさどる自律神経系の中枢として知られるが、感情や情動の活動と密接な関係があり、大脳皮質全域(新皮質と辺縁系皮質)の調節系の中枢ともなっている。
 視床下部には、抗利尿ホルモンや、子宮筋収縮および乳腺(にゅうせん)分泌を促す筋上皮細胞収縮のホルモンなどを分泌する神経細胞が存在し、また、下垂体前葉ホルモンと関係した放出因子を産生すると考えられる。視床後部は、外側膝(しつ)状体(視覚中継中枢)と内側膝状体(聴覚中継中枢)で構成されている。[嶋井和世]
『佐野豊著『神経科学――形態学的基礎 間脳1 視床下部』(2003・医学書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐のう ‥ナウ【間脳】
〘名〙 脊椎動物の大脳半球と中脳との間の大脳部。視床、視床上部、視床後部、視床下部の四部からなる。内部には第三脳室があり、視床下部からは下垂体が出ており、視床下部‐下垂体神経分泌系を形成している。人では内臓血管などの働きを調節する自律神経の中枢、および五感の中間中枢がある。視床脳。〔解剖学名彙(1905)〕
[補注]「解体新書」では、大脳、小脳、後脳など脳に関する解剖上の用語が考案され使用されているが、「間脳」は見えない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間脳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間脳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.