Rakuten infoseek

辞書

間接照明【カンセツショウメイ】

デジタル大辞泉

かんせつ‐しょうめい〔‐セウメイ〕【間接照明】
光源からの光を天井や壁に当て、その反射光を利用する照明方式。陰影やまぶしさが少ない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

間接照明
光源からの直接光を使用せず、壁面・天井面などで反射させてから室内等を照らす照明方法。効率は悪くなるが、照度を均一にしやすく、雰囲気のある照明が作り出せる。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせつしょうめい【間接照明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんせつしょうめい【間接照明】
光源から直接到達する光の量を10パーセント以下にし、光を反射拡散面などに当て、反射光線だけを利用する照明方式。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

かんせつしょうめい【間接照明】
光源からの光を直射せずに天井や壁などに向け、その反射光を利用する照明方法。まぶしさや陰影が抑えられる。⇔直接照明

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間接照明
かんせつしょうめい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんせつ‐しょうめい ‥セウメイ【間接照明】
〘名〙 光源から出る光を、壁や天井などに反射させて、その反射光を利用する照明法。やわらかな光線となり、室内照明などに用いられる。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉享楽の東京「ドイツ式の天井の間接照明(カンセツセウメイ)が如何にも落著いてゐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間接照明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間接照明の関連情報

他サービスで検索

「間接照明」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.