Rakuten infoseek

辞書

間口【マグチ】

デジタル大辞泉

ま‐ぐち【間口】
土地・家屋などの正面の幅。表口。「間口二間(にけん)の店」⇔奥行き
研究・事業などの領域。「商売の間口を広げる」「間口の広い学者」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

間口
敷地や建物などを主要な方向から見た場合の、敷地・建物の幅方向。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まぐち【間口】
土地・家屋などの前面の幅。 ⇔ 奥行おくゆき -三間の小店
事業・研究などの領域の広さ。 -を広げすぎる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ま‐ぐち【間口】
〘名〙
① 家屋や地所などの前方に面している部分の幅。表口。⇔奥行き
※俳諧・江戸通り町(1678)四吟哥僊「実(げに)や月間口千金の通り町〈芭蕉〉 爰に数ならぬ看板の露〈二葉子〉」
② 事業や研究の領域。「間口をひろげる」
※駒のいななき(1916)〈巖谷小波〉一「相変らず博文館で筆を執って居たが、それでも間口(マグチ)は段々広くなると見えて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

まぐち【間口】
正面からみた敷地・家屋などの幅。⇒奥行き

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.