Rakuten infoseek

辞書

間伐【かんばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

間伐
かんばつ
森林において樹木の健全な発育を助けるために一部の木を切ること。樹木が生長するに従って森林の空間は窮屈になり,個々の木の生長は阻害され,個体間に優劣が生じてくる。そこで劣勢な木や欠点のある木,また立ち木の過密など,全体的な見地から切ったほうがよいと思われる木を切って,残った木の健全な生長と生産物の質的な向上をはかるわけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐ばつ【間伐】
[名](スル)森林や果樹園で、主な木の生育を助けたり、採光をよくしたりするために、適当な間隔で木を伐採すること。透かし伐(ぎ)り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

林業関連用語

間伐
除伐後に行う作業で、立木密度を調整して林木を健全に成長させるため、劣勢木、不用木など林木の一部を伐採することをいう。

出典:農林水産省

農林水産関係用語集

間伐
育成段階にある森林において樹木の混み具合に応じて、育成する樹木の一部を伐採(間引き)し、残存木の成長を促進する作業。この作業により生産された丸太間伐材。一般に、除伐後、主伐までの間に育成目的に応じて間断的に実施。

出典:農林水産省

世界大百科事典 第2版

かんばつ【間伐 thinning】
造林した樹木が生長するにつれて枝が互いに触れあうようになると,隣りあった樹木の間にせり合いが起きるようになる。せり合いが激しくなる前に,目標に合った健全な林を育てるため,一部の樹木を切ることを間伐という。早い時期に造林目的以外の樹種,形の悪いもの,枯れたものなどを切ることを除伐または捨て伐(ぎ)りという。除伐や初期の間伐は収支がつぐなわないのが普通であるが,最終的な伐採までに長期間を要する林業経営において,間伐は中間的な収入をあげるよい機会となる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

かんばつ【間伐】
( 名 ) スル
林業で、林木の密度を調節して生育を助けるため、また主伐前に収穫を得るため、林木の一部を伐採すること。透かし伐り。疎伐。 → 主伐

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

間伐
かんばつ
皆伐一斉林施業における主伐に対する対語で、主伐に至るまでの保育や途中収穫の伐採である。一斉林とは同齢の林のことであり、主伐とは最終的にまとめて伐(き)る伐採である。しかし主伐をしないで非皆伐の択伐林施業に誘導していく過程でも間伐は行われる。施業とは伐採などを伴う森林の取扱いのことである。
 間伐とは、(1)森林が混みすぎて不健全になるのを防ぐ作業、(2)良い木を育て森林の価値を高める作業、(3)適時に収穫をし、定期的な収入を可能とする作業、である。
 (1)の混みすぎて不健全というのは、個体の樹冠量が小さくなり、細長い木の集団となって強風や冠雪などの被害を受けやすくなることと、林冠が強く閉鎖して林内の光が不足し、林床の下草が乏しくなり、土壌保全の点から好ましくないことである。林冠とは樹冠の連なったものである。(2)の良い木を育てるということは、できるだけ幹の通直性が高く、傷のない木の比率を高めていくことを基本とし、丸太をとるときの、丸太の下と上の太さの差が小さく、無節性が高い木を育てていくということである。
 間伐は、好ましい形質の木を育てるために、生育段階に応じて必要な樹冠量を個々の木に与えていくための作業である。そして単位面積当りの限られた葉量を、できるだけ将来性のある木に配分していこうとする作業である。そのような前提のなかで、条件の許す限りそれぞれの間伐時点で間伐材による間伐収入が高まるように伐る木の選木をしていくことが大事な作業である。[藤森隆郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間伐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

間伐の関連情報

他サービスで検索

「間伐」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.