Rakuten infoseek

辞書

閑谷【しずたに】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閑谷
しずたに
岡山県南東部,備前市中部の集落岡山藩池田光政領民の子弟教育のために創設した旧閑谷学校 (国指定特別史跡) の所在地講堂 (国宝) ,聖廟 (孔子廟) ,石塀 (ともに国指定重要文化財) などが残る。そのほか光政をまつる閑谷神社,頼山陽ゆかりの黄葉亭などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閑谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閑谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.