Rakuten infoseek

辞書

開析【カイセキ】

デジタル大辞泉

かい‐せき【開析】
[名](スル)台地状の地形によって浸食され、数多くのが刻まれること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいせき【開析】
スル
地表面が、多くの谷で刻まれ、その連続性を失って細分化されること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

開析
かいせき
侵食作用によって地表が削られる現象。開析が行われる原因には、降雨による雨滴の打叩(だこう)作用、雨が斜面上を流れて侵食する現象(雨食)、河川の流水の作用(河食)、氷河の侵食作用(氷食)、風の侵食作用(風食)、水の化学的侵食作用(溶食)などがある。これらの諸原因とそれを受ける地表の状態(岩石の性質や植生の状態など)とが複雑に関係して、地表を開析し、いろいろな地形をつくる。[市川正巳・村田明広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐せき【開析】
〘名〙 河川の浸食作用によって、平地に谷などが刻まれていく現象。広義には、風化作用、雨雪や氷河の作用など外作用によって地形が変化していくことをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開析」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開析の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.