Rakuten infoseek

辞書

開放【カイホウ】

デジタル大辞泉

かい‐ほう〔‐ハウ〕【開放】
[名](スル)
門や戸などをあけはなすこと。あけたままにしておくこと。「開放禁止」
制限をなくして、自由に出入りさせること。「門戸を開放する」「市場開放
開放絞り」の略。「開放で撮ると背景がやわらかくぼける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいほう【開放】
( 名 ) スル
窓や戸などをあけはなつこと。 ⇔ 閉鎖 「扉の-厳禁」
禁止したり制限したりせずに、だれでも自由に利用したり、出入りするのを許すこと。 「校庭を-する」 「門戸-」 → 解放(補説欄)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ほう ‥ハウ【開放】
〘名〙
① 門、戸などをあけたままにすること。また、自由に出入りできるようにすること。
※医語類聚(1872)〈奥山虎章〉「Abduction 向ケ直スコト又開放スルコト」
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「遊び場ももってゐなかったゆゑ、そんな子供のために開放されたかのごとき扉なしの山門のなかは」
② つつみ隠さないで、ありのままを見せること。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉松本の話「一切の秘密はそれを開放(カイハウ)した時始めて自然に復る落着(らくちゃく)を見る事が出来る」
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)八月一七日「日本は満洲を開放するに決せり」 〔書経伝‐多方〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開放」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開放の関連情報

他サービスで検索

「開放」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.