Rakuten infoseek

辞書

開基【カイキ】

デジタル大辞泉

かい‐き【開基】
[名](スル)
物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。
「ビホロ町では、…―六十六周年、町制施行三十周年の祝典が催される」〈武田泰淳森と湖のまつり
仏寺または一宗派を創立すること。また、その僧。開山。
仏寺創建の際、財政的支持を行う世俗の人。特に禅宗で、開山と区別していう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいき【開基】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいき【開基】
( 名 ) スル
寺院を創立すること。また、創立した人。開山。 「行基の-した寺」
物事のもとを開くこと。 「朝廷-の後/平家 5
宗教の一派を創始すること。また、創始した人。 「寺を立て、宗風を-するに/太平記 26

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

開基
かいき
寺院を開創すること。また寺院を開創した僧(開山)、あるいは開創のために土地や資財を寄進した在俗の信者をさす。祖先が開基となった檀越(だんおつ)(檀家)を開基家(かいきけ)とよぶこともある。[永井政之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐き【開基】
〘名〙
① (━する) もといを開くこと。基礎を作ること。
※平家(13C前)五「故(かるがゆゑに)朝廷開基の後、数千余歳のあひだ、帝猷をかたぶけ、国家をあやぶめむとする物、みなもって敗北せずといふ事なし」 〔後漢書‐耿弇伝〕
② (━する) 仏寺を創立すること。また、その人。開山。開祖。
太平記(14C後)一七「我内には円宗の教法を守り、外には百王の鎮護を致さん為に、当山開基(カイキ)の初めより跡を垂れし事なれば」
③ (━する) 宗教の一派を創始すること。また、その人。
※太平記(14C後)二六「軈(やがて)一条堀川村雲の反橋と云ふ所に、寺を立て宗風を開基(カイキ)するに」
④ 禅宗で、寺院創建の資財を提供した人を、特に開山と区別していう。大檀那(だいだんな)
⑤ 真宗で、宗祖親鷲を開山と称するのに対して、末派寺院の創設者をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開基の関連情報

他サービスで検索

「開基」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.