Rakuten infoseek

辞書

開口【アグチ】

デジタル大辞泉

あ‐ぐち【開口】
《「あ(開)きくち(口)」の音変化》足袋・すね当て・などの、を入れる口。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐こう【開口】
口を開くこと。ものを言い始めること。
外に向かって開いていること。「開口部の多い部屋」

㋐能で、1曲の最初の謡いだしの部分。かいこ。
㋑中世の猿楽で、最初に登場して祝賀の意を含めたこっけいな文句を述べること。能の形成に伴い、まじめなものとなった。開口猿楽。
㋒中世の延年などの一芸で、こっけいな地口(じぐち)やしゃれを唱えたりする話芸的なもの。㋑を取り入れたものらしい。
近世幕府の大礼本願寺の礼能などの儀式的な演能で、脇能初めワキの役が新作の祝賀文句うこと。また、その謡(うたい)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐こ【開口】
かいこう(開口)2」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいこう【開口】
寺院の延年において演ぜられた,言葉を主体とした芸能。その実態をよく伝えるのが1544年(天文13)書写の《多武峰(とうのみね)延年詞章》の開口7編で,それによればまず仏法の功徳などが述べられたあと,一定の題材に沿った洒落秀句が比較的長く語られ,最後に延年の場に来臨した諸衆を祝福するという形になっている。頭尾の祝言はまじめなものだが,それにはさまれた洒落や秀句の部分は相当に滑稽なものである。たとえば7編中の第5〈開口名所山々相撲之事〉についてみると,〈よき相手に逢坂山の,しやつと寄て取らんとすれば,耳なしの山なれば,取手にはぐれて勝負をも決せずして入佐の山もあり,また,取られじとて足引の山もをかしきに,はや鳥羽の秋の山は時雨をも待たで勝つ()色みえた〉といった具合に綴られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あくち【開口】
開き口の転
足袋たび・脛当すねあて・沓くつなどの足を入れる口。あぐち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいこ【開口】
かいこう(開口)に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいこう【開口】
ものを言い始めること。
かいことも
開幕の最初に舞台に出て発言したり謡ったりすること。
開口猿楽の略猿楽上演の初めに行う、滑稽味のある祝言の口上芸。延年にも取り入れられ、延年開口という。のちには、内裏や高貴な人の前での特別演能の際、脇能の初めにワキの家元によって謡われた新作の祝言の小謡をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あ‐ぐち【開口】
〘名〙 (「あきくち(開口)」の変化した語)
① 足袋、襪(しとうず)などの足をはき入れる口。
② 上くちびるが縦に裂けている、発達障害による奇形。兎唇(としん)。〔温故知新書(1484)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐こ【開口】
〘名〙 =かいこう(開口)
※風姿花伝(1400‐02頃)六「脇の申楽(さるがく)、ほんぜつ正しくて、かいこよりその謂(いは)れと、やがて人の知る如くならんずるらい歴を書くべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐こう【開口】
〘名〙
① ものを言ったり、笑ったりするために、口を開くこと。また、ことばを発すること。
※蔭凉軒日録‐延徳二年(1490)九月六日「崇寿院主出堺庄支証案文破葉室公。愚先開口云。始末院主可白云々。院主丁寧説破」 〔荘子‐盗跖〕
② 儀式的な演能で「翁(おきな)」に続く脇能(わきのう)の初めに、ワキが出て新作の祝いの小謡を発声すること。また、その謡。現在の能楽では、一曲の最初の謡い出しをもいう。かいこ。くちあけ。
※習道書(1430)「先づ切初(さいしょ)に出て、開口(カイコウ)より、その題目のいはれを分明に云ひをさめて」
③ 製織の際、綜絖(そうこう)を上下に動かして、緯(よこいと)を打ち込みやすく杼道(ひみち)をつくること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐の‐くち【開口・貝かひ口・通かひ口】
〘名〙
① 和船の矢倉の左右側面に設ける出入口。近世の荷船では船体中央より艫(とも)寄りにあって、窓のような形状をしており、障子と戸で開閉される。軍船では総矢倉とするため、舳(おもて)寄りにも設ける場合が多く、両舷合わせて四か所とする。かよいのくち。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (貝口) ⇒かい(貝)の口

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.