Rakuten infoseek

辞書

開化【カイカ】

デジタル大辞泉

かい‐か〔‐クワ〕【開化】
[名](スル)
人間の知識が開け、文化が進歩すること。「文明が開化する」
西洋風俗や新知識を身につけていることを気どること。ハイカラであること。
「勝野君なぞは―した高尚な人間で」〈藤村破戒
[補説]明治維新後の急激な西洋文化の流入に伴って、主に「文明開化」の形で一つの流行語となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいか【開化】
( 名 ・形動 ) スル
新しい知識・文化を知って、世の中が開け、かわること。 「文明-」 「日本社会は真成ほんとうに-して居りますのでせうか/薄命のすず子 お室
新知識などを身につけていること。特に明治初期、西洋風であること。 「勝野君なぞは-した高尚な人間で/破戒 藤村」 〔西周にしあまね「百学連環聞書・総論」(1870~71年)に英語 civilization の訳語として載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐か ‥クヮ【開化】
〘名〙
① 知識や文化が開け進むこと。「文明開化」と熟して用いられることが多く、明治時代の急激な西洋化現象に伴う流行語でもあった。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「世の開化を進め法則を設け」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「追々我国も文明開化(カイクヮ)と号(いっ)てひらけてきやしたから」 〔李邕‐淄州刺史謝上表〕
② (形動) 西洋風を気どったり新しがったりすること。ハイカラであること。新知識を身につけていること。また、そのさま。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「開化(カイクヮ)な文句でちょいと芸者が今晩はあり難ふとおし出しても唄へる位へでなくっちゃア」
[語誌]もと仏教語でカイケ(ケは呉音)と読み「教え導く」の意味であった。それが明治初期にカイカという読みで「世の中が開ける」の意味で使われた。また、“civilization” の訳語として、この時期から用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開化の関連情報

他サービスで検索

「開化」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.