Rakuten infoseek

辞書

開作【カイサク】

デジタル大辞泉

かい‐さく【開作】
[名](スル)土地を開墾して作物を植えつけること。また、その田や畑。「荒野を開作する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

開作
 干拓のことです。江戸時代の萩藩は、新しい田を作って収入を増やすために、積極的に開作を行いました。開作にも、萩藩が直接行った公儀[こうぎ]開作・家臣がほうびとして開作の権利をもらい、自費で行った拝領[はいりょう]開作・寺社が行ったものを寺社鋪[じしゃしき]開作・地主などが自費で行った自力[じりき]開作などがあります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいさく【開作】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいさく【開作】
( 名 ) スル
開墾して田畑をつくること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐さく【開作】
〘名〙 山野を切り開いて、新たに田畑として耕すこと。また、その田畑。
※東寺百合文書‐ほ・保安三年(1122)三月一一日・伊勢大国荘専当藤原時光菅原武道等解案「私入若干人夫功労、雖令開作、無功労裁免者無益之由訴申」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開作」の用語解説はコトバンクが提供しています。

開作の関連情報

他サービスで検索

「開作」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.