Rakuten infoseek

辞書

【ヘイ】

デジタル大辞泉

へい【閉】[漢字項目]
[音]ヘイ(漢) [訓]とじる とざす しめる しまる
学習漢字]6年
出入り口をとじる。すきまなくふさぐ。「閉口閉鎖閉塞(へいそく)閉門開閉密閉幽閉
おしまいにする。「閉会閉校閉山閉店閉幕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とず【閉】
暦注の十二直の一。堤を築くことなどに吉、柱立て・婚姻・鍼灸などに凶という日。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とじ・む とぢむ【閉】
〘他マ下二〙 ⇒とじめる(閉)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とじめ とぢめ【閉】
〘名〙 (動詞「とじめる(閉)」の連用形の名詞化)
① 物事のしまい。終結。
源氏(1001‐14頃)若菜上「思ひはなるる世のとぢめに、文書きて御方に奉れ給へり」
② 死にぎわ。最期。末期。
※源氏(1001‐14頃)橋姫「今はのとぢめになり給ひて、いささかの給ひおく事の侍りしを」
③ 処分すること。処置を決めること。
※編年大友史料‐永祿九年(1566)二月二一日・大友氏老中連署状「豊前国御闕所閉目之義、稠被仰付候之処」
④ 役目を果たすこと。番役などを勤仕すること。
※上井覚兼日記‐天正二年(1574)八月一七日「是は十四五年彼御閇目候間、爰に不始由御意候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とじ・める とぢめる【閉】
〘他マ下一〙 とぢ・む 〘他マ下二〙
① 事をなし終える。はたす。しとげる。
※源氏(1001‐14頃)賢木「しはすの二十日なれば、大方の世の中、とぢむる空のけしき」
② 命を終える。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「重き病者(びょうざ)の俄にとぢめつるさまなりつるを」
③ とじこめる。
※玉塵抄(1563)一一「吾がめや手かけ者どもよそえ行ときはま一つにをい入てじゃうををろしてとぢめたぞ」
④ 詮索する。
※日葡辞書(1603‐04)「コトバヲ togimuru(トヂムル)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・じる とぢる【閉】
[1] 〘自ザ上一(ダ上一)〙 と・づ 〘自ダ上二〙
① ひらいていたものが、ふさがる。しまる。とざされる。おおわれる。
※源氏(1001‐14頃)明石「あさましくをやみなき頃の気色に、いとど空さへとづる心地して」
② 人やものが、とじこもる。
※千五百番歌合(1202‐03頃)八四九番「たえだえの木の葉が下の音づれも霜にとぢたる虫のこゑごゑ〈藤原通光〉」
③ 水がこおる。むすぼおる。凝結する。
※源氏(1001‐14頃)椎本「つららとぢ駒ふみしだく山川をしるべしがてらまづや渡らむ」
④ 集会や店などが終わりになる。終わる。
※明日への楽園(1969)〈丸山健二〉三「バーが閉じる時間だ」
[2] 〘他ザ上一(ダ上一)〙 と・づ 〘他ダ上二〙
[一] ひらいていたものを、ふさぐ。しめる。とざす。おおいつくす。
① 場所をとざす。しめる。おおいつくす。
※岩淵本願経四分律平安初期点(810頃)「城の門を閉(トチ)、街巷に坑を鑿ること」
※源氏(1001‐14頃)夕霧「まだ夕暮の霧にとちられて、内は暗くなりにたるほどなり」
② (「噤」の字を用いることもある) 口や目をあわせてふさぐ。つむる。つぐむ。
※蜻蛉(974頃)上「まなことぢ給ひしところにて、経の心とかせ給はんとにこそありけれ」
③ 書物などのいているのを、しめる。
[二] 中にこめて出ないようにする。
① 人やものを、とじこめる。
※源氏(1001‐14頃)帚木「葎の門に思ひの外にらうたげならん人のとぢられたらんこそ、限りなくめづらしくはおぼえめ」
② 氷が張って水をとじこめて流れなくする。また、氷が張って池などをおおう。
※拾遺(1005‐07頃か)冬・二四一「冬の池の上は氷にとぢられていかでか月の底に入るらん〈よみ人しらず〉」
[三] 集会や店などを終わりにする。
※倫敦消息(1901)〈夏目漱石〉一「『イースター、モンデー』だといふので、又店をとぢる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とず とづ【閉】
〘名〙 暦でいう十二直(じゅうにちょく)の一つ。この日は墓石を立てるのは吉で適し、開店その他の万事には凶で適さないという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・ず とづ【閉】
[1] 〘自ダ上二〙 ⇒とじる(閉)
[2] 〘他ダ上二〙 ⇒とじる(閉)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へい【閉】
〘名〙 閉じること。⇔

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.