Rakuten infoseek

辞書

閃光【せんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

閃光
せんこう
schillerization
鉱物の結晶をある方向から見ると,表面からの反射でなく,内部からの青白い光を観察することがある。これを光という。閃光の見える角度範囲はあまり広くない。これが見える例としては,マイクロパーサイト構造を示すアルカリ長石古銅輝石などをあげることができる。閃光を呈する理由の一つに,微細な有色鉱物が閃光面に沿って配列されているためということがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐こう〔‐クワウ〕【×閃光】
瞬間的に発する光。「雷鳴とともに閃光が走る」
鉱物中に一定方向に配列した微細な含有物などによって起こる特殊な色彩効果。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

閃光
長石,輝石,橄欖(かんらん)石などの鉱物が,初生変質的(deuteric)に変化すると,結晶の特定の面に沿って平面状,杆(かん)状,星状の包有物が発達する.これはある特定の角度で投影される光を反射して特別な現象を引き起こし,閃光(schiller)と呼ばれる現象である[Judd : 1885, Spencer : 1930, Winchell & Winchell : 1951].シラー構造はしばしば固溶体分離(exsolution)によって起こる.ドイツ語のschillerは光のきらめきを意味している.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんこう【閃光】
瞬間的に強く光る光。ひらめく光。 「 -を発する」
鉱物の結晶に見られる光の回折現象によって生じる色彩効果。月長石などに見られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐こう ‥クヮウ【閃光】
〘名〙
① 瞬間的にひらめくひかり。ぴかぴかするひかり。
※菅家文草(900頃)一一・奉太皇大后令旨、奉為太上天皇御周忌法会願文「閃光易飛、衆生誰非石火乎」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「時々閃光を発するは蓋し磨き立てたる槍剣楯鎧の旭日に映じて光を放つものと知られたり」
② 鉱物中の微細な異物、劈開(へきかい)、繰り返し双晶などのために起こる、特殊な色彩効果。月長石などに見られる。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閃光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

閃光の関連情報

他サービスで検索

「閃光」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.