Rakuten infoseek

辞書

門戸【モンコ】

デジタル大辞泉

もん‐こ【門戸】
門と戸。家の出入り口。
他と交流し、また外部のものを受け入れるための入り口。「外国に門戸を開く」「一般市民に対しては門戸を閉ざす」
初歩。入門。「哲学の門戸をうかがう」
家。一家。また、一流一派。「門戸を構える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もんこ【門戸】
家の門と戸。家の出入り口。
外部と交通・交流するための入り口。 「一般の人にも-を開放する」 「 -を閉ざす」
家。住居。 「 -を構える」
自分の流儀。自分の一派。
[句項目] 門戸を張る 門戸を開く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐こ【門戸】
〘名〙
① 門と戸。家の出入り口。かどぐち。
※本朝麗藻(1010か)下・早夏陪宴同賦所貴是賢才〈大江以言〉「至夫衣服之須領袖、門戸之資枢鍵」 〔孟子‐尽心・上〕
② 物事の入り口。初歩。入門。
※本朝文粋(1060頃)九・於左監門宗次将亭文聴講令詩序〈大江以言〉「誠乃政教之門戸、理乱之枢機者也」
③ 一家。家。
※本朝文粋(1060頃)一四・為左大臣息女女御四十九日願文〈大江朝綱〉「念一家之子孫、附門戸於其顧」 〔蜀志‐張裔伝〕
④ 自分の流儀。一流一派。
※日本詩史(1771)凡例「余不詭言異説、以建門戸

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門戸の関連情報

他サービスで検索

「門戸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.