Rakuten infoseek

辞書

門前町【もんぜんまち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

門前町
もんぜんまち
寺院の参道沿いに発達した町。社寺祭礼法会などで設けられた祭礼市が常設化し,それに飲食施設などが加わってできた経済集落である。奈良市,伊勢市,長野市などが好例。特に神社の場合には鳥居前町といって区別することもある。宗教都市の一つで,寺院,宿泊所,みやげ物店などが並んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もんぜん‐まち【門前町】
中世以降、有力な社寺の門前を中心に発達した町。神社の場合は鳥居前町ともいう。善光寺長野伊勢神宮宇治山田など。もんぜんちょう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんぜんまち【門前町】
寺社の参詣者を対象として商工業者が店舗を造営し,参詣道路の両側を中心に街村状に形成された集落。神社の場合は鳥居前町ともいう。ほかに,社寺奉仕者や信仰者が門前に集落を形成した寺内(じない)町や社家(しやけ)町および御師(おし)町があり,それらを合わせて広義の門前町といえる。伊勢神宮鳥居前の伊勢(宇治山田)市(山田),善光寺の長野市,成田不動の新勝寺門前の千葉県成田市,東照宮の栃木県日光市,金刀比羅宮(ことひらぐう)のある香川県の琴平,厳島神社の宮島,出雲大社の鎮座する島根県の大社(杵築(きづき)),高野山門前の和歌山県の高野,近代の宗教都市である天理教本山の天理市などが代表的門前町である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もんぜんまち【門前町】
中世末以降、寺院の門前に発達した町。善光寺の長野、成田不動の成田など。広く、鳥居前町を含めていうこともある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

門前町
もんぜんまち
寺社の門前に発達した封建集落(都市)。神社の場合は鳥居前町ということもある。中世初期の寺社は、律令(りつりょう)制の系譜を引く寺田、位田、職田(しきでん)などをもつ荘園(しょうえん)領主であり、その境域内には多くの僧侶(そうりょ)・神官を抱え、僧院や房舎が集まっていた。そしてそれらの消費生活を支えるため、近辺で蔬菜(そさい)その他の食料作物の栽培が行われ、農産加工(油、粕(かす)、飼料、そうめん、麹(こうじ)、菅笠(すげがさ)、簾(すだれ)、菰(こも)など)の手工業的生産も発達しつつあった。また市場も開かれて寺域外との商取引も行われ、「富貴ノ輩(ともがら)多ク止住シ、売買ノ道繁昌(はんじょう)ス」(『峯相記(ほうそうき)』)のようににぎわいつつあった。もともと寺社は神仏を祀(まつ)る神聖な場所で、その前で行われる売買には不正をなさないとする商道の信仰があった。中世領主たちは社寺を信仰し、社寺周辺の治安については、「国質所質(くにしちところしち)之事、喧嘩(けんか)口論之事、押売狼藉(ろうぜき)之事」はすべて禁止され、寺社門前は商取引の安全地区となり、室町末期には「楽市(らくいち)・楽座」として保護されるものもみられた。さらに郷村制の発達にともなって、庶民の寺社参拝が盛んになると、寺社門前には参詣(さんけい)者を目当てとした旅籠(はたご)(宿屋)や商店、手工業者の店が集まるようになった。とくに奈良、宇治山田、天王寺(大坂)には社寺が集中していて有力な門前町とされていた。たとえば中世の奈良では平城京のおもかげは消滅して、東大寺、春日(かすが)大社、興福寺などの大寺社の門前町として発達し、ことに興福寺は僧侶3000といわれて奈良の中核となった。中世中ごろには奈良北隅に北市、猿沢池(さるさわのいけ)の南西に南市、さらに1414年(応永21)には両市の中間に中市(今市)が開かれて、交互に毎日開市した。奈良はこれらを中心にした門前町から商業集落へと変化しつつあった。近世に入って社会が安定し、庶民の巡礼や講参りが盛んになると、門前町は遊楽観光地的性格を強めていった。宇治山田(伊勢(いせ)神宮)、杵築(きづき)(出雲(いずも)大社)、宮島(厳島(いつくしま)神社)、琴平(ことひら)(金刀比羅宮(ことひらぐう))、長野(善光寺)、成田(新勝寺)、高野山(こうやさん)(金剛峯(こんごうぶ)寺)などが知られる。それらには社寺奉仕者が集住する社家(しゃけ)町、御師(おし)町などもみられる。[浅香幸雄]
『浅香幸雄著『中世の集落』(『新地理学講座 第七巻』所収・1953・朝倉書店) ▽平沼淑郎著『近世寺院門前町の研究』(1957・早稲田大学出版部) ▽藤本利治著『門前町』(1970・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もんぜん‐ちょう ‥チャウ【門前町】
※浮世草子・好色一代女(1686)五「門前町(モンゼンテウ)の御下屋敷にをかれ折ふしの御通ひ女とはなりぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぜん‐まち【門前町】
〘名〙 中世末期以来、神社・寺院の門前に形成され、参拝人・遊覧客を対象とする宿屋や商業が発達して、それらを主たる生業とする町をいう。たとえば、善光寺のある長野市、新勝寺のある成田市など。もんぜんちょう。
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉一六「やがて流行神(はやりがみ)の門前町(モンゼンマチ)のやうなカラアがかれの眼に映り出して来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

門前町
もんぜんまち
主として中世以降,社寺の門前に発達した商工業町
大きな寺社には年貢集積,神官・僧侶の需要物資も多く,かつ隷属民は農耕にしばられず社寺を本所として商人化したので,門前に市が開かれた。宗教の民衆化と参拝人の増加,宿屋・店の出現でしだいに都市化した。宇治山田・奈良・坂本・長野などがその例で,江戸時代には遊山と結び発達したものもある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門前町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門前町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.