Rakuten infoseek

辞書

門下【モンカ】

デジタル大辞泉

もん‐か【門下】
師の門に入り、教えを受けること。また、その人。門人。門弟。「門下に入(い)る」
門の下。また、人のもとに近く伺候すること。転じて、食客。
「―の人より折三かう」〈御湯殿上日記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もんか【門下】
その人を師として、直接教えを受ける者。門人。門弟。 「 -には優れた歌人が多い」
近くに伺候すること。また、食客。 「 -の人より折三がう、御樽三かまゐる/御湯殿上 文明一八

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もん‐か【門下】
〘名〙
① 門の下。邸内。また、人のもとに近く伺候すること。また、食客。門客。
※本朝麗藻(1010か)下・奉和藤原才子登天台山之什〈源為憲〉「珍重君辞名利境、空王門下立遑々」
御湯殿上日記‐文明一八年(1486)九月二八日「もんかの人よりおり三かう、御たる三かまいる」 〔戦国策‐斉策〕
② ある宗教の師の弟子となり、教えをうけること。また、その人。門人。門弟。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「いまこの仏祖正伝の門下には、〈略〉仏法を住持せしむ」
③ ある学問や技芸の先生の弟子となり、教えを受けること。また、その人。門下生。門弟。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「連誹は西山宗因の門下(モンカ)と成」 〔後漢書‐承宮伝〕
④ 門跡(一)②を敬っていう語。書札礼で宛所の下に敬意を表するためにつける脇付(わきづけ)などに用いられた。
※名語記(1275)五「人のもとへ消息のうはがきに、うやまうには、かならず下をかけり。他人を申も同じ。殿下、禅下、貴下、幕下、門下これてい也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

門下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

門下の関連情報

他サービスで検索

「門下」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.