Rakuten infoseek

辞書

長門(市)【ながと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

長門(市)
ながと
山口県北西部に位置し、日本海に臨む農水産観光都市。1954年(昭和29)仙崎(せんざき)、深川(ふかわ)の2町と通(かよい)、俵山(たわらやま)の2村が合併して市制施行し、旧国名を市名とした。2005年(平成17)三隅(みすみ)、日置(へき)、油谷(ゆや)の3町を合併。沿岸を東西にJR山陰本線、国道191号が走り、正明市(しょうみょういち)から南へJR美祢(みね)線と国道316号が分岐する。また、油谷で国道191号から491号が分岐する。深川平野は『和名抄(わみょうしょう)』の深川郷の地で、条里遺構を残す開発の古い農村地域。中世には三条家の荘園(しょうえん)となり、深川庄(しょう)と称した。近世の市場町から発展した正明市は大津地方の商業、交通の中心をなし、市役所の所在地。仙崎は長州藩時代西廻(にしまわり)海運の寄港地として栄えた要津で、日本海捕鯨の基地でもあった。第二次世界大戦直後は引揚げ港として知られ、現在は北浦沿岸第一の漁港で、小型底引網や刺網漁業の母港として年1万トンの漁獲をあげている。水産加工も盛んで、特産はかまぼこ。東部の三隅地区は『和名抄』の三隅郷の地で、農林業のほか、沿岸漁業が盛んである。西部の日置地区は『和名抄』の日置郷、中世の日置庄(しょう)の地で、米どころとして知られる。また、西端の油谷地区は米作が盛んで、向津具(むかつく)半島の海女(あま)漁業は有名である。市内には俵山温泉や湯本温泉、黄波戸(きわど)温泉、湯免(ゆめん)温泉、油谷湾温泉など、および北長門海岸国定公園の中心をなす青海(おうみ)島(国の名勝、天然記念物)、俵(たわら)島(国の名勝、天然記念物)などがある。県史跡大寧寺(たいねいじ)や萩(はぎ)焼深川窯もある。湯本南条踊は県指定無形民俗文化財。そのほか、長門市出身の童謡詩人金子みすゞの記念館、洋画家香月泰男(かづきやすお)の美術館、古式捕鯨を解説した「くじら資料館」などがある。面積357.29平方キロメートル、人口3万5439(2015)。[三浦 肇]
『『長門市史』全2巻(1979、1981・長門市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長門(市)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長門(市)の関連情報

他サービスで検索

「長門(市)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.