Rakuten infoseek

辞書

長谷部言人【はせべことんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長谷部言人
はせべことんど
[生]1882.6.10. 東京
[没]1969.12.3. 東京
人類学者。東京大学医学部卒業。京都大学助教授,新潟医学専門学校教授,東北大学教授,東京大学教授を歴任。東京大学に初めて人類学科を創設。ドイツに留学し,R.マルティンに師事,ドイツ流自然人類学を日本に導入した。明石原人の研究をはじめ,縄文時代人扁平脛骨の存在を指摘し,日本人頭骨の時代変化を時流化で説明するなど,幅広い活動をした。石器時代の日本犬の研究でも著名。日本人類学会会長をつとめた。日本学士院会員。主著『自然人類学概論』 (1927) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はせべ‐ことんど【長谷部言人】
[1882~1969]人類学者・解剖学者。東京の生まれ。新潟大・東北大・東大教授。日本人類学会会長。日本人の起源を研究し、東京帝大理学部に人類学科を創設した。著作に「自然人類学概論」「日本人の祖先」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長谷部言人 はせべ-ことんど
1882-1969 大正-昭和時代の解剖学者,人類学者。
明治15年6月10日生まれ。解剖学を専攻。昭和13年東京帝大理学部教授となり,翌年日本最初の人類学科を創設。おもに日本人の起源を研究した。日本人類学会会長。学士院会員。昭和44年12月3日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「自然人類学概論」「日本人の祖先」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はせべことんど【長谷部言人】
1882‐1969(明治15‐昭和44)
人類学者。東京に生まれ,1906年東京帝国大学医科大学を卒業後,京都大学解剖学教室の足立文太郎に師事し,肉眼解剖学と人類学を専攻して,日本人の脊柱の研究で医学博士学位を得た。その後,新潟医学専門学校,東北大学の解剖学教授を歴任し,38年には東京大学理学部教授となり,翌年,日本最初の人類学科を創設した。大学を定年退官したのちも日本人類学会の総務幹事,ついで会長として長く斯学発展に貢献し,53年には日本学士院会員に選ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はせべことんど【長谷部言人】
1882~1969 解剖学者・人類学者。東京生まれ。東大教授。人類学科を創設。国内の貝塚を発掘し、人骨や動物遺骨・遺物に関する広範な人類学的・先史学的研究の道を開いた。著「日本人の祖先」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長谷部言人
はせべことんど
(1882―1969)
解剖学者、人類学者。明治15年東京に生まれる。東京帝国大学医科大学を卒業後、解剖学を専攻し、京都大学、新潟医学専門学校(現、新潟大学医学部)、東北帝国大学の助教授ならびに教授を歴任した。1921~1922年(大正10~11)にドイツに留学し、解剖学研究のかたわら、R・マルチンの指導のもとに人類学を学んだ。1927~1929年(昭和2~4)には数回にわたってミクロネシア人を調査。1938年東京帝国大学教授となり、翌1939年理学部に人類学科を創設、1942年には中国の北京(ペキン)で、北京原人の調査を行った。1943年東京帝国大学を停年退官し、1944年東北帝国大学名誉教授となる。1951~1968年(昭和26~43)日本人類学会会長を務め、1953年日本学士院会員となる。
 主として日本人の人類学を研究テーマとし、多くの遺跡を発掘した。日本人の起源について連続説(移行説)を唱え、縄文時代人は現代日本人の直系の祖先であると主張した。この説は今日もその大筋は正しいと考えられている。「石器時代住民と現代日本人」「明石市附近西八木最新世前期堆積出土人類腰骨(石膏型)の原始性に就いて」「日本民族の成立」などの論文がある。[埴原和郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はせべ‐ことんど【長谷部言人】
解剖学者、人類学者。東京出身。東北帝国大学医学部教授から東京帝国大学理学部教授となり、日本最初の人類学科を創設。縄文時代人を現代日本人の祖先と主張した。日本人類学会会長。著「先史学研究」など。明治一五~昭和四四年(一八八二‐一九六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷部言人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長谷部言人の関連情報

関連キーワード

常用漢字アルビヌス漢の時代(年表)ボアソナード早稲田大学スティーブンソンマーク・トウェーンワーグナージーモンディルクセン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.