Rakuten infoseek

辞書

長谷川平蔵【ハセガワヘイゾウ】

デジタル大辞泉

はせがわ‐へいぞう〔はせがはヘイザウ〕【長谷川平蔵】
[1745~1795]江戸後期幕臣。名は宣以(のぶため)。先手弓頭となり、火付盗賊改加役としてつとめた。老中松平定信の命により、人足寄場(にんそくよせば)の設置を献策

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長谷川平蔵 はせがわ-へいぞう
1745-1795 江戸時代中期-後期の武士。
延享2年生まれ。幕臣で先手弓頭(さきてゆみがしら)をつとめ,天明7年(1787)から火付(ひつけ)盗賊改(あらため)を加役された。寛政改革のとき老中松平定信に無宿人対策として人足寄場(よせば)建設を提案し,実現させた。池波正太郎「鬼平(おにへい)犯科帳」のモデル。寛政7年5月10日死去(「寛政重修諸家譜」「徳川実紀」では5月19日)。51歳。江戸出身。名は宣以(のぶため)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

長谷川平蔵
1745〜1795(延享2〜寛政7)【火付盗賊改】火付盗賊改め鬼の平蔵、実は、仏の平蔵? 旗本長谷川宣雄の子。名は宣以。1787年、火付盗賊改の加役を命じられた。江戸市中を巡回し、火災防止や盗賊・博徒の捕縛を役目とするが、平蔵は特に盗賊逮捕に目覚しい実績を上げた。功利主義の山師などの悪評もある一方、乞食に施しをする慈悲深い人柄を伝える資料もあり、無宿人対策として石川島の人足寄場建設を老中松平定信に建議するなど、弱者への気配りを見せる面もある。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はせがわへいぞう【長谷川平蔵】
1745‐95(延享2‐寛政7)
江戸幕府の役人。諱(いみな)は宣以(のぶため)。老中松平定信の下で人足寄場を創設した。平蔵宣雄(後の京都町奉行)の嫡子として生まれ,西丸書院番を経て1786年(天明6)先手弓頭,翌年火付盗賊改加役を命ぜられる。89年(寛政1)定信が無宿人対策のため,数年前存在した無宿養育所に類する施設の開設を発案したとき,平蔵はみずからその任を引き受けることを申し出て具体案を上申し,定信とともにプランを作成した。翌年2月正式に人足寄場取扱を命ぜられ3ヵ月弱で施設を完成,収容者に生活を賄うに足る収入の得られる作業を与え,寛厳要を得た取扱いによって彼らの更生に努めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はせがわへいぞう【長谷川平蔵】
1745~1795 江戸中期の幕臣。御先手弓頭・火付盗賊改。老中松平定信の命で石川島人足寄場建設を建議。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長谷川平蔵
はせがわへいぞう
(1745―1795)
江戸後期の旗本。幼名銕三郎(てつさぶろう)、諱(いみな)は宣以(のぶため)。火付(ひつけ)盗賊改(あらため)役(火盗改(かとうあらため))長谷川宣雄(のぶお)の子。1773年(安永2)父の死にあい小普請組(こぶしんぐみ)入りするが、当時の平蔵は「本所の銕」とよばれるほどの放蕩(ほうとう)ぶりであった。しかし、翌年江戸城西の丸書院番士となって以降は順調に昇進し、86年(天明6)に先手弓頭(さきてゆみがしら)、その翌年には火盗改の加役(かやく)を命ぜられた。また平蔵は、老中松平定信(さだのぶ)の命により、江戸市中の無宿人を収容して授産事業を行うための人足寄場建設を建議している。90年(寛政2)には人足寄場取扱を命ぜられるが、2年後に罷免、95年の死まで火盗改役に専念した。晩年は、賞罰の公正さにより世人から「今(いま)大岡」(名奉行(ぶぎょう)大岡越前守(えちぜんのかみ)忠相(ただすけ)の再来)と称されたという。近年、火盗改役としての彼の活躍は、池波正太郎の『鬼平(おにへい)犯科帳』などで有名だが、父宣雄の業績と混同されているものが少なくない。法名海雲院殿光遠日耀居士。四谷(よつや)の戒行寺に葬られたが、墓石は現在伝わらない。[馬場 章]
『瀧川政次郎著『長谷川平蔵――その生涯と人足寄場』(1975・朝日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川平蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長谷川平蔵の関連情報

関連キーワード

シラー(Friedrich von Schiller)国民公会フランス史(年表)ティツィングクルムス片山北海聖パトリック大聖堂ファン・スイーテンボネオーストリア継承戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.