Rakuten infoseek

辞書

長谷川一夫【はせがわかずお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長谷川一夫
はせがわかずお
[生]1908.2.27. 京都
[没]1984.4.6. 東京
映画俳優。 1913年,5歳で歌舞伎の舞台を踏み,初代中村鴈治郎のもとで役者の修業を積む。 27年林長二郎の芸名で松竹映画に入り,『稚児の剣法』でデビュー。以来二枚目スターの座を占めた。松竹時代 11年に約 120本の映画に出演。 37年東宝へ転じ長谷川一夫を名のり,第2次世界大戦後は大映で活躍した。主演作品『雪之丞変化』 (1935) ,『婦系図』 (40) ,『地獄門』 (53) ,『近松物語』 (54) 。没後,国民栄誉賞を贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はせがわ‐かずお〔はせがはかずを〕【長谷川一夫】
[1908~1984]映画俳優。京都の生まれ。林長丸・林長二郎芸名を経て本名を名のる。初世中村鴈治郎の門人となり、関西歌舞伎で活躍。のち、映画界に入り、主に時代劇に出演。没後国民栄誉賞受賞。主演作「雪之丞変化」「お夏清十郎」「源氏物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

長谷川一夫 はせがわ-かずお
1908-1984 昭和時代の俳優。
明治41年2月27日生まれ。昭和2年林長二郎の名で松竹から映画界にデビュー。12年東宝にうつり本名長谷川一夫を名のる。戦後,大映にうつり38年退社。その間「雪之丞変化」「地獄門」「近松物語」など300本以上に出演。のち宝塚歌劇「ベルサイユのばら」の演出もした。昭和59年4月6日死去。76歳。死後,国民栄誉賞。京都出身。墓所谷中霊園(東京都台東区)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はせがわかずお【長谷川一夫】
1908‐84(明治41‐昭和59)
映画俳優。日本一の美男スターとして長い人気を誇り,映画を引退したあとも舞台で最後まで二枚目を演じた。京都伏見の生れ。関西歌舞伎の大御所,成駒屋・初世中村鴈治郎の門下に入って林長丸の芸名をもらい,市川右一(のちの右太衛門),市川百々之助らと青年歌舞伎を組織。その〈水もしたたる美貌〉を買われて,1927年,18歳で松竹下加茂撮影所に招かれ,女形から美男剣士の道へと進んだ。師匠の鴈治郎から林長二郎の名をはなむけにもらい,主として衣笠貞之助監督と組んで(《お嬢吉三》《鬼あざみ》(ともに1927)等々から代表作の1本となった松竹創立以来の大ヒット作《雪之丞変化》三部作(1935‐36)などに至るまで),松竹時代劇の人気スターとなった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はせがわかずお【長谷川一夫】
1908~1984) 映画俳優。京都生まれ。初世中村鴈治郎門下。歌舞伎から映画に転じ、はじめ林長二郎の名で日本映画の代表的二枚目俳優となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長谷川一夫
はせがわかずお
(1908―1984)
俳優。明治41年2月27日京都に生まれる。小学生のころ初世中村鴈治郎(がんじろう)に入門、林長丸の名で舞台に立つ。大正末期、経営不振の松竹キネマ下加茂(しもかも)撮影所が起死回生のため美男子の彼に白羽の矢をたて、鴈治郎から林長二郎の芸名を贈られ、1927年(昭和2)『稚児(ちご)の剣法』で大宣伝とともに売り出され、その水も滴る美剣士ぶりにより一躍映画界の寵児(ちょうじ)となる。以後、松竹在籍の11年間に約120本に出演、とくに女方雪之丞(ゆきのじょう)と怪盗闇太郎(やみたろう)二役の『雪之丞変化(へんげ)』(1935~1936)は大ヒットした。1937年、契約切れを機に東宝入りを発表したことから、暴漢に左頬(ほお)を切られたが、芸名を本名の長谷川一夫に改めて『藤十郎の恋』『鶴八(つるはち)鶴次郎』などに主演。1942年には新演伎(えんぎ)座を結成して舞台出演を始めた。第二次世界大戦後は東宝から大映に移り、『地獄門』『近松物語』「銭形平次」シリーズなど数多くに主演、1963年(昭和38)、300本記念の『雪之丞変化』に続く『江戸無情』を最後に大映を退社した。以後は、「東宝歌舞伎(かぶき)」を中心とする舞台活動に専念、かたわら「赤穂(あこう)浪士」「半七捕物帳」などのテレビ・シリーズでも活躍した。1974年には宝塚歌劇『ベルサイユのばら』で演出を担当して話題を集めた。1978年文部大臣特別賞を受け、1983年1月まで舞台を勤めたが、昭和59年4月6日死去。死後、国民栄誉賞が贈られた。[長崎 一]
『山村美紗著『小説長谷川一夫』全二冊(1985・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はせがわ‐かずお【長谷川一夫】
映画俳優。京都出身。林長丸の芸名で関西歌舞伎の舞台に立つ。昭和二年(一九二七)林長二郎と改名し松竹に入社、「雪之丞変化」で時代劇の二枚目スターとしての地位を確立。同一二年東宝に移って本名長谷川一夫を名乗り、第二次世界大戦後も「近松物語」「地獄門」などで時代劇の第一人者として活躍。明治四一~昭和五九年(一九〇八‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川一夫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長谷川一夫の関連情報

関連キーワード

取調べゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者国木田独歩名古屋(市)

他サービスで検索

「長谷川一夫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.