Rakuten infoseek

辞書

長講【チョウコウ】

デジタル大辞泉

ちょう‐こう【長講】
(チャウカウ) 講演・講釈などを、普通より長い時間にわたってすること。また、その話。「三時間に及ぶ長講」「長講一席」
(チャウコウ) 《「ちょうごう」「ぢょうごう」とも》長い期間、不断に法華経などを講説すること。また、その法会長講会

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうこう【長講】
普通より長い時間を費やす講演、または講釈。 「 -一席」
〔「ちょうごう」 「ぢょうごう」とも〕 〘仏〙
長い時日の間、不断に法華経などを講読して功徳をおさめること。
「長講会」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐こう【長講】
〘名〙
[一] (チャウコウ)
① (「ちょうごう」「ぢょうごう」とも) 仏語。長期にわたって、不断に法華経などを講説すること。また、その法会。長講会。〔伝教大師消息(824‐831頃)〕
② 長講会の役にあたる僧をいうか。
※春日権現験記絵詞(1309)一四「さりながら寺務する程のものの長講に入て少生をあはれまぬものやはあるべき」
[二] (チャウカウ) 講演、講談などで普通よりも長時間にわたって語ること。また、長い談話。
※大道無門(1926)〈里見弴〉影法師「『長講(チャウカウ)一席、御苦労様』根本は、さう云って細君を冷かしたが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長講」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長講の関連情報

他サービスで検索

「長講」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.