Rakuten infoseek

辞書

長蛇【チョウダ】

デジタル大辞泉

ちょう‐だ〔チヤウ‐〕【長蛇】
長いへび。大蛇(だいじゃ)。
長く並んでいるもののたとえ。
兵法で、陣立ての一。1列にく並び、の首が尾を、尾が首を、また、首尾が中をそれぞれ救うように、各隊が互いに呼応して進む陣形

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうじゃ【長蛇】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうだ【長蛇】
長く大きなヘビ。
長く延び続いているもののたとえ。 「切符を求めて-の列ができる」
[句項目] 長蛇を逸する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐じゃ チャウ‥【長蛇】
〘名〙
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉五「黄昏罩むる靄を鋭き滊笛に劈きて長蛇(チャウヂャ)の蜿蜒(うね)る如く阪下を横切った」
甲陽軍鑑(17C初)品二七「からの軍法一に魚鱗、二に鶴翼、三に長蛇(チャウジャ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐だ チャウ‥【長蛇】
〘名〙
① 大きな蛇。大蛇(だいじゃ)。ちょうじゃ。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「二条の長壁は蜒蜿として長蛇の如く」 〔韓愈‐詠雪贈張籍詩〕
② きわめて貪欲(どんよく)なことのたとえ。〔春秋左伝‐定公四年〕
※歌舞伎・四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)序幕「大手は魚鱗搦手は、長蛇(チャウダ)に備へて討入らん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長蛇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長蛇の関連情報

他サービスで検索

「長蛇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.