Rakuten infoseek

辞書

長石【ちょうせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長石
ちょうせき
feldspar
カリウム,ナトリウム,カルシウム,バリウムのアルミノケイ酸塩鉱物で,岩石を構成する最も普遍的な鉱物。 (K,Na,Ca,Ba)(Al,Si)4O8 。結晶構造上,Si4+ の一部分が Al3+ によって置換され,それによる荷電の変化をちょうど中和するように,SiO4 四面体の間のすきまに K+ ,Na+ ,Ca2+ ,Ba2+ などが入っている。天然に産する長石は大部分,KAlSi3O8 (カリウム長石) ,NaAlSi3O8 (ナトリウム長石) ,CaAl2Si2O8 (カルシウム長石) を端成分とする3成分系に属する。 KAlSi3O8-NaAlSi3O8 および NaAlSi3O8-CaAl2Si2O8 は連続固溶体を形成し,それぞれの系列をアルカリ長石および斜長石総称する。アルカリ長石正長石 (カリウム長石,カリ長石) で代表され,酸性の火成岩 (花崗岩,石英斑岩,流紋岩) の主成分鉱物で,桜色の花崗岩 (桜御影) の淡紅色鉱物は正長石である。斜長石は中性,塩基性の火成岩の主成分鉱物で,日本の酸性岩には含まれることが多い。ナトリウムとカルシウムの比は連続的に変化し,酸性岩から塩基性岩になるにつれて,ナトリウムの多いものからカルシウムに富む斜長石が多くなる。ナトリウム,カルシウムを主成分とする斜長石をそれぞれ曹長石灰長石といい,ナトリウムとカルシウムをほぼ等量含む斜長石を中性長石という。陶磁器の原料の陶土は長石の風化したものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐せき〔チヤウ‐〕【長石】
アルミニウムカリウムナトリウムカルシウムなどを含む珪酸塩(けいさんえん)鉱物単斜晶系の正長石、三斜晶系の斜長石などに分類される。たいていの岩石に含まれる造岩鉱物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうせき【長石 feldspar】
地殻を構成する最も重要な造岩鉱物の一つ。月の岩石や隕石中にも広く見られる。化学組成は,一般にMT4O8で表され,MはCa,Na,K,Ba,またTはAl,Siである。天然に産する長石は,ほとんどCaAl2Si2O8(アノーサイト,An),NaAlSi3O8(アルバイト,Ab),KAlSi3O8(カリ長石,Or)を端成分とする三成分系に属し,その組成はOrxAbyAnz(xyz=100)のように表現される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうせき【長石】
ナトリウム・カルシウム・カリウムなどのアルミノケイ酸塩鉱物。造岩鉱物としてたいていの岩石に含まれ、ガラス光沢があり、ほぼ白色。三斜晶系に属するものと単斜晶系に属するものとがある。成分元素によって、斜長石・カリ長石などに分ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長石
ちょうせき
feldspar
地殻を構成する鉱物のうち、もっとも存在量が多い鉱物。アルカリ金属、アルカリ土類金属を主成分とするアルミノ珪酸塩(けいさんえん)鉱物で、アルミニウムとケイ素の比は1対3から2対2までの範囲にある。長石のうちよくみられるものは斜長石グループとカリ長石グループで、前者は三斜晶系に属し、ナトリウムを主成分とする曹長石から、カルシウムを主成分とする灰長石まで組成が連続する。後者には、単斜晶系の玻璃(はり)長石、正長石と三斜晶系の微斜長石が含まれる。ほかに、アルカリ金属を主成分とするアノーソクレース、バリウムを主成分とする重土長石celsian、ストロンチウムを主成分とするスローソン石slawsoniteがある。ほとんどの長石には生成温度による結晶構造の変化、温度の低下によって異なる二つの相に分離する離溶現象、双晶の出現といった性質が現れる。外観は、多少色がついているが、ほぼ白色で、板状、柱状の結晶形をしていることが多い。また、二方向の劈開(へきかい)が完全である。したがって外観で長石類を区別することは困難で、産状による識別が有効なことがある。英名のフェルスパーというのはスウェーデン語に由来し、漂礫(ひょうれき)土中の劈開がよく発達している石という意味である。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐せき チャウ‥【長石】
〘名〙 アルミニウムを含む珪酸塩鉱物。単斜晶系または三斜晶系。含有する元素によってカリ長石・曹長石・バリウム長石・灰長石に分ける。カリ長石は正長石と微斜長石に細分され、また曹長石と灰長石の固溶体を斜長石という。造岩鉱物として地殻中に最も多量に存在する。〔本草和名(918頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

長石
チョウセキ
feldspar, felspar

Ca,Na,Kなどからなるアルミノケイ酸塩鉱物の総称.地球上に広く分布し,大量に存在する.代表的なものにNaAlSi3O8(曹長石),CaAl2Si2O8(灰長石),KAlSi3O8(正長石)などがある.少量ではあるが,BaAl2Si2O8(バリウム長石)が産出する.曹長石と灰長石間の固溶体を斜長石,曹長石と正長石間のそれをアルカリ長石といい,長石はこれら二つに分けられる.後者は低温で不連続固溶体,高温で連続固溶体となる.斜長石は三斜晶系,カリ長石は単斜晶系に属する.カリ長石で,三斜晶系のものを微斜長石という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.