Rakuten infoseek

辞書

長沼【ながぬま】

日本大百科全書(ニッポニカ)

長沼(湖)
ながぬま
宮城県登米(とめし)迫町(はさまちょう)にある湖。面積約4平方キロメートル。築館(つきだて)台地の分岐丘陵に挟まれ、迫川の自然堤防によって排水が妨げられてできたもの。農業用水源として重要で、釣りやジュンサイ採集が行われ、冬季にはハクチョウが飛来する。沿岸の兵粮山(ひょうろうやま)は1591年(天正19)大崎葛西一揆(かさいいっき)に際し、伊達(だて)氏の軍勢が兵糧(ひょうろう)を運んだ所と伝えられる。[長谷川典夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長沼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長沼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.