Rakuten infoseek

辞書

長歌【ちょうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

長歌
ちょうか
和歌の一形式。短歌の対。5音と7音の句を,5・7・5・7と何回か繰返して,最後は7・7と結ぶのが標準的な形態であるが,初期の長歌には1句の音が3音・4音・6音のものなどもあり,また終結部も5・5のもの,5・7のもの,5・3・7のものなどがある。記紀歌謡にも多くの長歌形式のものが見出されるが,『万葉集』の歌人柿本人麻呂によって,最も文学的に完成された長歌が多く詠まれた。しかし,人麻呂の時代を頂点として長歌は次第に衰え,高橋虫麻呂,山上憶良,大伴家持ら,以後の万葉歌人によってもつくられたが,一部を除いてすぐれたものには乏しい。平安時代に入っても,主として述懐,愁訴,祝賀など複雑な内容をうたうためにときおり試みられ,『古今集』では旋頭歌 (せどうか) ,俳諧歌などとともに雑体の一つに数えられているが,文学的にみるべきものはほとんどない。近世,近代にも試作されたが,それらのなかでは良寛の作品がやや注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長歌
ながうた
日本音楽の種目名称。盲人音楽家によって伝承された三味線音楽の一種目。現在は地歌と称する。三味線音楽の芸術歌曲の最古典である三味線本手に対して,いくつかの小編の歌謡を組合せたものではなく,一続きのまとまった詞章で一曲ができている。その創始者は佐山検校といわれ,元禄 16 (1703) 年刊の『松の葉』に,佐山検校,朝妻検校,市川検校,小野川検校らの曲が収録され,生田検校,野川検校の曲も各1曲ずつあるが,宝永3 (06) 年刊の『若緑』になると,野川検校の曲が多数収録されるにいたる。これらが盲人音楽家の間に伝承され,津山検校にいたって,長歌 40番,番外 10番 (実際には計 51曲) の組織が定められ,野川検校の改編による三味線本手とともに,大坂の野川流における伝承上の規範曲となった。その教習順序の曲目の最初の文字を連ねて暗記の便とした「ひさねふた…」は,『雛鶴』『小夜衣』『子の日』『冬草』『滝尽し』以下をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐か〔チヤウ‐〕【長歌】
和歌の一体。5音と7音の2句を交互に3回以上繰り返し、最後を多く7音で止めるもの。ふつう、そのあとに反歌を添える。万葉集に多くみえ、平安時代以降は衰えた。ながうた。→短歌
編・章・句などの長い詩歌。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうか【長歌】
和歌の歌体の一つ。古くは〈ながうた〉とも呼ばれた。5・7/5・7/5・7と3回以上くり返し,最後を5・7・7で終わる形を基本形とし,原則的に短歌形式の反歌を1首または数首そのうしろに伴って1編を形成する。ただし,記紀歌謡,初期万葉など古い時代の長歌には反歌を伴わぬものがあり,また,終末部が5・7・7ではなく,5・3・7あるいは5・7・7・7となっているものもある。その発生と展開についてはまだ定説がないが,短歌が私的・日常的な場を発生の場としたと推測されるのに対して,長歌は公的・儀式的な場を発生の場としたであろうこと,さらには,長歌の形式的な完成の時期は,口誦から記載へと文学史が展開していった時期であろうと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ながうた【長歌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうか【長歌】
和歌の歌体の一。五音と七音の二句を三回以上続けて最後を七音で止めるのを原則とする。反歌として一ないし数首の短歌を添えることが多い。ながうた。
中世歌学で、短歌のこと。「古今和歌集」巻一九の最初に長歌を「短歌」としてあり、これに従って短歌を「長歌」といったもの。 → 短歌

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

長歌
ちょうか
和歌の一体。「短歌」に対して、長い形式の歌という意で名づけられたとみられるが、呼称の成立は『万葉集』の段階であろう。儀礼の場とかかわり、いわば儀式歌として形づくられた歌の流れは、たとえば、舒明(じょめい)天皇の国見(くにみ)歌「大和(やまと)には 群山(むらやま)ありと とりよろふ 天(あめ)の香具山(かぐやま)……うまし国そ あきづ島 大和の国は」(『万葉集』巻1、2歌)などを生み出してくる基盤として認められるが、そうした儀式歌の流れを受けながら記載の次元での様式の一つが確立され「長歌」とよばれるようになったものである。万葉長歌の多くが、行幸(ぎょうこう)など公的な場でなされた晴の歌であるのも、そのような様式としての歴史的性格による。
 和歌形式としての長歌を確立したといってよいのは柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)であろう。人麻呂の多様で多面的な長歌の制作は、その時代の文化の要求として、中国の詩に拮抗(きっこう)しうる自国の文芸をつくりだそうということに応じてなされたものであったが、和歌形式としての長歌の、短歌とは異なる可能性をそこに開示した。たとえば、高市皇子(たけちのみこ)の殯宮(あらきのみや)にあたっての挽歌(ばんか)「かけまくも ゆゆしきかも 言はまくも あやに恐(かしこ)き 明日香(あすか)の 真神(まかみ)の原に ひさかたの 天(あま)つ御門(みかど)を 恐(かしこ)くも 定(さだ)めたまひて 神(かむ)さぶと 岩隠(いはがく)ります やすみしし 我(わ)が大君(おほきみ)の……」(巻2、199歌)は、149句という万葉長歌でも最長の作であるが、そのなかの壬申(じんしん)の乱の表現など歌による叙事も可能なことを示したのであった。五・七を繰り返して五・七・七で結ぶという定型をたてたのも人麻呂によるところが大きく、長歌のあとに短歌を添えるという反歌の様式を定着させたのも人麻呂に負うとみられる。このような人麻呂の達成とともに長歌は頂点を迎えた。以後、万葉長歌は山上憶良(やまのうえのおくら)、山部赤人(やまべのあかひと)らの独自な境地の作をも生むが、『万葉集』のあとは衰退した。のちの時代にも散発的な試みはあったが、歌体としての生命は『万葉集』で終わった。[神野志隆光]
『清水克彦著『万葉論序説』(1960・青木書店) ▽岡部政裕著『万葉長歌考説』(1970・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐か チャウ‥【長歌】
〘名〙
① 声を長くのばして歌うこと。のびのびうたうこと。心ゆくまでうたうこと。
※古活字本毛詩抄(17C前)五「何たる物か今長歌して永(ながう)うたを歌ては行ぬぞ。〈略〉長めかいて歌うを詠と云て候ぞ」 〔張衡‐西京賦〕
② 編・章の長い詩歌。ちょう。
※蕉堅藁(1403)山居十五首次禅月韻「題遍蒼崖千万仞、長歌短詠意何窮」
③ 和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音をそえるもの。「万葉集」で、反歌を添える形で完成され、多く晴れの歌として歌われたが、「古今集」以後衰退した。ながうた。
※万葉(8C後)一三・三三四五・左注「但或云 此短歌者防人之妻所作也 然則応長歌亦此同作焉」
④ 短歌のこと。「古今‐一九・雑体」の長歌を集めた前に標題として「短歌」と記されているところから、これに従って称したもの。ながうた。
※奥義抄(1135‐44頃)二「一 長歌 二五三七 合三十一字也」
[補注]④について「古今‐一九」で「短歌」としたのは誤りとされているが、その事情は不明。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

長歌の関連情報

他サービスで検索

「長歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.